ブログ

植込み型不整脈ディバイスと臨床工学技士

はり姫には、植込み型不整脈ディバイスが必要な多くの患者さんが、通院または入院されています。臨床工学技士は、植込み手術の立ち会い、外来に来られた時の点検、自宅に設置した遠隔モニタリングからの情報収集をおこないます。くわえて、24時間365日どのような状況でも臨床工学技士が迅速に対応します。

少しでも電池寿命が長くできるよう、少しでも症状が改善できるよう、少しでもストレスなく生活していただけるよう、少しでも不安を取り除いていただけるよう、専門知識をフル活用して患者さんのサポートをおこないます。

 

このように、臨床工学技士はすべての植込み型不整脈ディバイスに関与します。

患者さんを第一に思い、絶えず努力する姿勢を持ち続けます。

2022年08月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

最近のブログ

  • 植込み型不整脈ディバイスと臨床工学技士

    植込み型不整脈ディバイスと臨床工学技士

  • 地域医療連携課 前方事務について紹介いたします

    地域医療連携課 前方事務について紹介いたします

  • 抗がん剤の調製について

    抗がん剤の調製について

CONTACT

多くの笑顔を守る場所で、
一緒に働きませんか?
お問い合わせはこちら