看護部のご紹介

しなやかに進化する

基本理念

“患者さんを大切にし、
地域から信頼される看護を提供します”

基本方針

  • 患者さんの尊厳を守り、安全で安心な質の高い看護を提供します
  • 看護の専門性を発揮し、チーム医療を推進します
  • 地域と協同し、患者さんの支えになります
  • 自律した看護師として自己研鑽に励みます
  • 看護専門職として主体的に経営に参画します

行動指針

守る 支える 勤しむ つなぐ

看護部の特徴

  • Feature01

    高度専門・急性期医療の
    地域の拠点

    はりま姫路総合医療センターは、約83万人の播磨姫路圏域の住民の方々が安心して生活が送れるように総合的な診療機能を活かし高度専門・急性期医療を担います。ハイブリットER(アンギオとCTを組み合わせた装置)を設置し、交通外傷など重篤な状態で搬送された患者の救命処置を行います。その他、ロボット手術、内視鏡手術、経皮的カテーテル治療などがんや大血管領域において専門性の高い低侵襲治療を多職種が連携して治療にあたります。現場で働く

    看護師は、ラダー別の教育プログラムで学び、自己研鑽を積み、専門的知識は勿論のこと、コミュニケーション能力やマネジメント能力を養い、チーム医療を推進する中心的な役割を担っています。6分野7名の専門看護師、12分野19名の認定看護師及び、循環器疾患や外因性疾患を強みとするスぺシャリストなど専門的知識、技術をもった職員が「患者の命を救う」を第1に考え質の高い看護実践能力を発揮します。

  • Feature02

    働きやすい職場環境

    看護体制はPNS(パートナーシップ ナーシング システム)です。看護師2人がペアとなって受け持ち患者の看護を提供しています。コミュニケーションを密に取り相談しながら看護を実践するので、安心して働くことが出来ます。さらに、パートナーシップに必要な3要素「尊重」「信頼」「慮る(おもんばかる)」の醸成にも

    力を入れ、お互いの価値観を認め、思いやり、助け合って看護をしています。また、WLB(ワークライフバランス)を考慮し、院外研修など自己研鑽の支援、多様な働き方、職員のやりがいを大切にしています。そして、看護師一人一人が誇りを持って看護を実践できる職場を目指しています。

  • Feature03

    チーム医療を推進

    はりま姫路総合医療センターの看護部の基本方針の中に「看護の専門性を発揮し、チーム医療を推進します」と掲げています。例えば、褥瘡対策チームでは、医師、薬剤師、栄養士、看護師等がチームを組んで患者のベッドサイドに行き、褥瘡など創傷に関する問題点を共有し、薬剤の選択や食事内容、形態についての提案など意見を交わし、個別性のある治療を計画し進めていきます。看護師はその計画を日々の看護ケアの中で効率的にきめ細やかに実践し評価し

    ていきます。チーム医療で重要なことは、チームの目標を明確にして、チーム一丸となって取り組むことです。その中で看護師は患者に一番近い存在として、関連職種と連携して情報共有をし、チームメンバーをつなぐ架け橋としての役割を担います。良好なコミュニケーションの中で情報共有を図り、患者の状態の変化に直ぐに対応できることが大切です。新病院でもその人らしい生活が実現できるように、チーム医療を推進します。

  • Feature04

    医療系大学・研究機関との
    共同研究を推進

    敷地内には教育研修棟があり、兵庫県立大学の先端医療工学研究所や、獨協学園の研究機関が設置されています。医療現場の実態に即した教育・研修プログラムの策定や体制の構築、共同研究を推進

    し、優秀な人材を育成し、地域医療の質の向上に寄与します。さらに播磨地域の医療従事者が集まるリーディングホスピタルを目指します。

CONTACT

多くの笑顔を守る場所で、
一緒に働きませんか?
お問い合わせはこちら