救急科





診療科紹介

「少しでも働きやすい環境の中で」
「少しでも多くのことを身につけることができる」
「個々として組織として常に成長できる」診療科を目指しています。

兵庫県最大の医療圏域である播磨姫路圏域83万人を支えてきた2つの救命救急センターが統合され生まれた、はりま姫路総合医療センター救命救急センターでは、2つの救命救急センターの実績から、年間5,000件以上(見込み)の救急車半数を超える診療件数となります。

救急医として、確実な成長

内科的疾患では、関西有数の急性心筋梗塞、急性心不全の搬送数を誇り(姫路循環器病センター報告)、また、脳卒中の集約化(脳卒中ホットライン)、近隣病院からの紹介も含め、呼吸不全、重症肺炎、糖尿病性ケトアシドーシスなど非常に多彩な内科的疾患を経験できます。
外科的疾患も、播磨姫路圏域では唯一の救命救急センターであるため、重症外傷や全身熱傷、急性薬物中毒、また、海も山、田園も多く祭り好きな地域柄、minor emergencyなど、非常に多くの外因性疾患も経験できます。



集中治療医として確実な成長

救急科は、主に、重症症例の初期診療から集中治療を行い、国内22番目となるハイブリッドERを駆使しながら、重症患者の診療に日々当たっています。基本的にはE-ICUと救急病棟が救急科の入院病棟となります。
E-ICUでは、主に入室した全症例の全身管理を行いますが、毎月50100件以上の多彩な症例が連日入室するため、幅広い知識と緻密なアセスメントが必要となり、集中治療医として確実な成長を約束できると思います。

他科との密な連携。プレホス・DMATにも参加可能。

また、33診療科と多くの専門医が在籍している強みを生かすため、救急科単独診療にならないよう、各科と連日のカンファレンスや回診など、密なコミュニケーションをとることで、シームレスな診療を行っています。また、救急医が苦手とする終末期医療にも、緩和ケア内科を含む多職種カンファレンスを施行するなど、取り組んでおります。

その他、

プレホスピタルとして、ドクターカー(2022年度内開始見込み)と、週2回水曜・木曜ドクターヘリ運用を行っています。また、DMAT活動など積極的に取り組み、院内にDMAT隊員は38名在籍しています。ご興味があれば、随時on the job trainingを開始します。




オンオフをしっかりつけてもらえる環境

救急科の勤務は、暦ではなく、完全シフト制としています。しかし、暦上の休日数を確保し、休日希望には、ある程度フレキシブルに対応できるよう調整しています。また、時短勤務や日勤のみなど、家族各々の事情や用事など、家庭を考えた勤務スタイルを優先的に考慮するように勤務表を作成しています。日勤は8時30分から17時30分までです。当直は17時30分から10時30分までですが、日中はフリーです。また、当直明けも迅速に引継ぎし帰宅していただき、オンオフをしっかりつけてもらえる環境を目指しています。

勉強会・抄読会を定期開催。留学も考慮可能。

その他、毎月2回、他の診療科に依頼し勉強会を実施、毎月1回救急科の抄読会も行っています。院内研修や国内留学、国外留学も積極的に考慮します。兵庫県の救急医育成プログラムなど、ある程度インセンティブをつけることができるものも紹介できます。留学先も、国内であればER研修、ICU研修、ECMO研修、熱傷研修など、当科スタッフがお勧めする施設を斡旋することができます。

当院は、以下専門医研修施設に認定されています。また、当科には、外科専門医、脳神経外科専門医、整形外科専門医など、サブスペシャリティを持つ医師が在籍しています。女性医師も多いのも一つの特徴です。今後のことを悩まれている先生方にも有意義な場所になりうると考えています。

救命救急センター紹介

初療

ハイブリッドER(HERS) 1床

人工呼吸器・エコー配置

麻薬・ノンクロス輸血(RBC・FFP)配備

赤(重症疾患) 2床 各ベッドに人工呼吸器・エコー配置
黄(中等症疾患) 6床 エコー1台配置
緑(軽症疾患) 8床
血管撮影室 5床 ①②循環器内科専用:人工呼吸器・エコー配置 
③脳神経外科専用 
④放射線科専用



E-ICU/CCU(20床)

E-ICUとCCUの明確な病床数はなく、フレキシブルに運用

救急科によるclosed ICU + mandidate critical care consultation

 (循環器内科はCCU管理のため、mandidate critical care consultationのみ)

超重症用 5床

ECMOやImpella、ICPなど様々なデバイスが挿入されている

重症用 10床

呼吸器管理が必要な症例(うち、3床が陰圧室、1床が熱傷処置室隣接)

中等症用 5床

個室管理用 人工呼吸器管理不要だが、厳重な監視が必要な症例



救急病棟(24床)

各科それぞれによる管理のため、各科病床数はなし。ベッドコントロールは各科+救急病棟Nsにより調整



憩いの場所

  • 救急カンファレンス室

    365日朝、作戦会議
    (救急科と関連診療科、Ns、MSWが集まります)
    唯一テレビが見れる場所

  • 救急科医師控室

    冷蔵庫、レンジ、食器乾燥機配置常に誰かがお菓子を置いてくれます。

  • タリーズコーヒー

    優雅な時間にぴったり

  • ローソン

    朝7時~22時まで営業中 常に食料があります

スタッフ紹介

当麻 美樹
卒年 S57年卒
専門医等資格 日本救急医学会 救急科専門医・指導医
日本集中治療医学会 集中治療専門医
日本外傷学会 外傷専門医
日本熱傷学会 熱傷専門医
ICD制度協議会インフェクションコントロールドクター
日本DMAT隊員

髙岡 諒
卒年 S61年卒
専門医等資格 日本救急医学会 救急科専門医・指導医
日本集中治療医学会 集中治療専門医
日本外科学会 外科専門医
日本DMAT隊員

多河 慶泰
卒年 H4年卒
専門医等資格 日本救急医学会 救急科専門医
日本外科学会 外科専門医
日本消化器病学会 認定消化器病専門医
日本スポーツ協会公認スポーツドクター

林 伸洋
卒年 H15年卒
専門医等資格 日本救急医学会 救急科専門医
日本外科学会 外科専門医
日本外傷学会 外傷専門医
JATECインストラクター
SSTTインストラクター
ICD制度協議会インフェクションコントロールドクター
TNT認定医

制野 勇介
卒年 H18年卒
専門医等資格 日本集中治療医学会 集中治療専門医
日本小児科学会 専門医・指導医
日本急性血液浄化学会 認定指導者
日本臨床倫理学会 臨床倫理認定士

清水 裕章
卒年 H20年卒
専門医等資格 日本救急医学会 救急科専門医
日本集中治療医学会 集中治療専門医
日本脳神経外科学会 専門医
日本脳卒中学会 専門医
日本中毒学会 クリニカルトキシコロジスト
日本DMAT隊員

水田 宜良
卒年 H22年卒
専門医等資格 日本救急医学会 救急科専門医
日本整形外科学会 専門医
臨床研修指導医
日本DMAT隊員

田口 裕司
卒年 H23年卒
専門医等資格 日本救急医学会 救急科専門医
日本DMAT隊員(統括)
日本航空医療学会 認定指導者

森田 知佳
卒年 H29年卒

宮脇 康輔
卒年 H29年卒

陳 美仁子
卒年 H30年卒
専攻医

庄司 忠生
卒年 H31年卒
専攻医

加藤 ちはる
卒年 R2年卒
専攻医

HGMC治療戦略

救急科独自

当科独自のプロトコールです。工夫して臨床をしています。

経管栄養プロトコール

(高蛋白含有の栄養剤がないため苦肉の策)

抜管プロトコール


ARDS治療プロトコール

脳保護プロトコール

他科連動

肋間固定後抜管プロトコール

脳梗塞血栓回収プロトコール

抄読会・レクチャー実績

抄読会

開催日 担当 テーマ
2022年6月7日 制野Dr P0-1について
2022年7月5日 加藤Dr 脊髄損傷のVTE
2022年8月18日 庄司Dr 敗血症のVtC

レクチャー

キースライドはHGMC治療戦略あり

開催日 担当 テーマ
2022年6月11日 清水Dr ARDS
2022年6月28日 脳外科 脳梗塞・脳出血
2022年7月12日 清水Dr 脳保護
2022年7月26日 外科 胸部外傷
2022年8月9日 外科 腹部外傷

研究・学会発表・論文実績

学会発表

発表年月 発表学会・テーマ
2022年6月 第29回日本臨床救急医学会ランチョンセミナー:肺エコー
2022年6月 第 回日本外傷学会総会 ポスター:コロナ禍に海外外傷外科研修を経験して

論文実績

ただいま準備中です。



募集要項

正規医師 免許取得後6年目以上の医師
専攻医 臨床研修修了または修了見込みの医師

身分・給与

正規医師または会計年度任用職員(専攻医)

給与・待遇は兵庫県規程等による

別途お問い合わせください

お問い合わせ

  • 兵庫県立はりま姫路総合医療センター

    総務課 大林

    TEL: 079-289-5080

CONTACT

多くの笑顔を守る場所で、
一緒に働きませんか?
お問い合わせはこちら