患者さんの権利・義務憲章

患者さんの権利・義務憲章病院紹介

患者さんの権利・義務憲章

わたしたちは、「和」と「愛」をもって、人を「幸せ」にするために、安心で信頼される最良の医療を提供するという基本理念のもと、患者さんを中心とした安全で良質な医療を提供するにあたり、患者さんの基本的権利を明らかにし、これを尊重します。

  • どのような病気にかかった場合でも、一人の人間として大切に扱われ、良質な医療を公平に受けることができます。
  • 病気や診療内容について、よくわかるまで説明を受け、理解・納得した上で、ご自身で同意または拒否を選択することができます。
  • 病気や診療内容について、他の医療機関の医師の意見を求めることができます。
  • あなた自身の診療に関する情報の提供を求めることができるとともに、自分の意見を述べることができます。
  • あなた自身の身体や病気など他人に知られたくない個人情報は保護され、プライバシーは守られます。

患者さんには以上のような権利がありますが、同時に、次のことを守る義務があります。

  • 他の患者さんの治療や療養生活に迷惑をかけないよう病院の規則を守ってください。また、暴力行為、暴言、脅迫、不当な要求など診療業務の妨げとなるような行為は行わないようにしてください。
  • 医療の提供に支障がないように医師・看護師などの医療従事者の指示に従ってください。

また、よりよい医療を行うため、次の点についてご協力願います。

  • 円滑に医療が行えるようにあなたの病状などについて詳しくお話ください。
  • あなたの生き方、病気への考え方を大切にして、主体的に治療に専念してください。
  • 教育病院として当院が取り組む医療人の育成にご協力ください。

調べる

TOP

調べる