緩和ケア内科

緩和ケア内科

診療科の概要

緩和ケア内科では、院内の多部門と協働して、緩和ケアセンターを整備し、緩和ケアの提供体制について院内組織基盤の強化を図ります。緩和ケアセンターは、 緩和ケア病棟 、緩和ケアチーム、緩和ケア外来、がん相談支援における診療・相談支援業務を統括・運営します。播磨姫路圏域における地域緩和ケア連携拠点として、患者さん・ご家族の幸せのために貢献してまいります。

主要対象疾患

  • 悪性腫瘍(がん)
  • 後天性免疫不全症候群
  • 生命を脅かす重篤な疾患(心不全、呼吸不全、肝不全、腎不全、神経難病 など) 

トピックス

Serious Illness

Serious Illnessが暖和ケアの対象です。1年以内に死亡する可能性が極めて高いが、適切な治療によって治癒する可能性がある病状を含みます。

例:
急性肝不全で肝移植の対象となる患者さん
重篤な交通外傷の患者さん
COVID-19に罹患した患者さん

スタッフ紹介

  • 坂下 明大

    坂下 明大

    診療科長

地域医療機関の先生方へ

「はり姫」緩和ケア内科では、播磨姫路圏域において必要とされる緩和ケアを地域医療機関の皆様とともに支えていけるように活動してまいります。がんのみならず、慢性疾患で苦痛を抱えた患者さん・ご家族に対して適切に緩和ケアが提供できるよう、「疾患を問わない緩和ケア提供モデル」を構築したいと考えております。播磨姫路圏域から新たなモデルを発信するためにも、地域医療機関の皆様とのネットワーキングは不可欠となります。お困りの際には、是非、「はり姫」緩和ケアセンターまでご相談ください。