小児科

小児科

診療科の概要

「はり姫」の救命救急センターを中心に小児外傷を救急科(小児集中治療医が赴任)・整形外科・脳外科・形成外科を始めとした各科診療科と連携協力して行います。
新たにこども病院より小児アレルギーの専門家が赴任します。食物負荷試験や生物学的製剤投与等重症例までこども病院と連携して診療を行います。また、神戸大学医学部附属病院より小児消化器病(腎臓・膠原病も)に精通した医師が赴任します。成人診療科(消化器内科・腎臓内科・膠原病内科)ともすでに連携協力関係があり生検・内視鏡を始めとした各種検査も実施可能です。また重症難治例では神戸大学医学部附属病院と連携しながら診療を行います。
製鉄記念広畑病院で行っていた新生児診療・生活習慣病検診・小児心身症診療を継続拡充します。

主要対象疾患

  • 小児外傷(基本的には救急科が窓口ですが小児科に連絡いただくのも歓迎です)
  • 小児アレルギー疾患(食物・薬物アレルギー・アトピー性皮膚炎・気管支喘息など)
  • 小児消化器病疾患(血便・下痢・腹痛・便秘・嘔吐など)
  • 小児心身症(起立性調節障害・不定愁訴・繰り返す腹痛・頭痛)、
    小児腎・膠原病疾患(蛋白尿・血尿・浮腫・高血圧・不明熱・関節痛など)、
    新生児疾患(正期産新生児に対応し、姫路赤十字病院と連携します)、
    その他小児疾患(近隣病院小児科やこども病院と連携協力しながら可能な限り対応します)は製鉄記念広畑病院小児科の診療内容を引き継ぎます。

トピックス

  • 小児外傷はこれまで姫路地区での対応が困難でしたが「はり姫」救急科に小児集中治療専門医が赴任し、他科診療科と連携協力し軽症から重症まで対応します。
  • 近年難治性アレルギー疾患に対して生物学的製剤が使用されるようになってきています(右図)。これまでは生物学的製剤投与を行うには加古川や神戸まで治療の導入に行くことが多かったのですが専門家の赴任により姫路でも行えるようになります。
  • 「はり姫」開設に先立ち、1月に製鉄記念広畑病院にてIBDセンターが立ち上がり小児消化器疾患も診療できる体制が整いました。難治例は神戸大学医学部附属病院と連携して治療します。こちらもこれまで神戸や西宮まで通院しなくてはなりませんでしたが姫路でも行えるようになります。

スタッフ紹介

  • 忍頂寺 毅史

    忍頂寺 毅史

    診療科長

地域医療機関の先生方へ

「はり姫」小児科は製鉄記念広畑病院小児科を拡充した診療科です。他の地域総合病院の役割を補完すべく小児外傷・小児アレルギー・小児消化器疾患をメインに診療し、他の地域医療機関と連携協力して地域完結型の小児診療を目指します。また診療情報提供書を充実させ、より詳細でわかりやすいフィードバックを心がけますので是非患者さんのご紹介をよろしくお願いいたします。