外科・消化器外科

外科・消化器外科

診療科の概要

外科・消化器外科は製鉄記念広畑病院の外科の体制をそのまま引き継ぎ、消化器外科を中心に肝胆膵外科食道胃腸外科、および外傷救急外科の3分野を担当します。また分野別で専門性を高める一方で境界領域であったり、上記分野に当てはまりにくい外科対象疾患に対してもすべて対応すべく、総合外科の分野も新設しました。

もともと製鉄記念広畑病院は、県に7か所ある県指定がん診療連携拠点病院の1つであり、国指定の地域がん診療連携拠点病院である姫路医療センターと姫路赤十字病院とともに中播磨医療圏のがんの中核病院であるとともに、三次高度救急を含む救命救急センターとしてこの播磨医療圏の救急医療にも大きな役割を果たしてきましたが、県立はりま姫路総合医療センターにおいても、この2つの診療領域は病院機能の中軸となっており、ともに今以上の役割を担うこととなります。

前者のがん治療においては各領域ごとに専門医の指導の下、ガイドラインに則った標準治療としての手術のみならず、化学療法や放射線科医、内科医とともに集学的治療にも取り組みます。

また、救急医療においても365日24時間対応すべく、夜間休日も救急科医以外に外科・消化器外科として常時外科医2人の手術対応待機体制を敷きます。

主要対象疾患

    • 胃がん、大腸がん、食道がんなどの消化管悪性疾患および良性疾患
    • 肝臓、胆のう、膵臓などの悪性疾患および良性疾患
    • 外傷救急における体幹部損傷(救急科との共同診療)
    • その他、鼡径ヘルニア、腹壁瘢痕ヘルニア、腸閉塞、腹腔内・骨盤内あるいは後腹膜腫瘍などの腹部領域外科疾患

トピックス

体制強化

    • 「はり姫」では外科・消化器外科のスタッフは増員となり、また手術枠も増加しましたので、より多くの手術が行える環境が整いました。

高度専門医療の提供

    • 上記各分野において、兵庫県内に現在わずか12人しかいない日本食道学会食道外科専門医や肝胆膵外科高度技能指導医、Acute Care Surgery学会認定外科医による高度専門医療を提供させていただきます。

総合外科の設置

  • 専門性を高める一方で、境界領域であったり、上記分野に当てはまりにくい外科対象疾患に対してもすべて対応すべく、総合外科の分野も立ち上げます。分野別にこだわることなく、ご紹介いただければ当科で責任を持って適切な外科診療をご提供させて頂けると考えています。

スタッフ紹介

  • 酒井 哲也

    酒井 哲也

    診療科長

地域医療機関の先生方へ

  • 胆石胆のう炎、急性虫垂炎など良性疾患の緊急手術においてもこれまで同様、お急ぎの場合はまずは直接お電話で外科・消化器外科にご紹介いただければと存じます。
  • 患者さんをお待たせする時間を最小限とするためにも待期手術の場合は、事前に患者総合支援センターにご連絡いただき、診察予約をとっていただければと存じます。