消化器内科

消化器内科

診療科の概要

消化器内科は、食道・胃・十二指腸・小腸・大腸・肝臓・胆道・膵臓に関わる多数の疾患を担当します。消化器疾患は胃潰瘍や総胆管結石などの良性疾患のみならず、各臓器に発生する悪性腫瘍も広く診察しています。

診療においては、とくに内視鏡を用いた高度な診断・治療を得意としています。通常の方法では治療困難な胆道結石、膵管結石や膵胆道腫瘍に対するERCP関連手技、EUS (超音波内視鏡)関連手技、また消化管腫瘍に対するESD、粘膜下腫瘍に対する外科医とコラボレーションした治療であるLECSなども積極的に実施しています。肝臓学会指導医も在籍しており、肝疾患に対する診断や治療も行っています。総合病院のメリットを活かし、外科や放射線科など関連診療科とも密に連携した高度な診療を実施します。

主要対象疾患

  • 膵胆道疾患
    膵がん、膵神経内分泌腫瘍、膵嚢胞性疾患 (IPMN/MCN/SCN/SPNなど)、急性・慢性膵炎、膵石症、自己免疫性膵炎、膵管非癒合、膵腫瘍術後など 胆石症、急性胆嚢炎/胆管炎、慢性胆嚢炎、胆管膵管合流異常、IgG4関連胆管炎、 胆管癌、胆嚢癌、十二指腸乳頭部腫瘍など
  • 消化管疾患
    食道がん、胃腺腫、胃がん、十二指腸非乳頭部腫瘍、小腸腫瘍、大腸ポリープ、大腸がん、 ポリポーシス、消化管間葉系腫瘍GIST、消化管神経内分泌腫瘍、感染性胃腸炎、 消化管出血 (小腸出血を含む)、潰瘍性大腸炎、クローン病、腸管ベーチェット病、好酸球性食道炎、好酸救性胃腸炎など
  • 肝疾患
    B型肝炎、C型肝炎、薬剤性肝障害、急性肝炎(EBウィルスやA型・E型急性肝炎、原因不明の肝炎など)、自己免疫性肝炎、原発性胆汁性胆管炎、原発性硬化性胆管炎など

トピックス

超音波内視鏡などを用いる早期診断

消化器内科では、今まで早期対応が困難であったと言われる「膵臓」疾患に対して、各種画像診断装置、とくに内視鏡を用いた早期診断、早期治療介入を行っていきます。

膵癌の高リスクとされる、IPMNを含む膵嚢胞、糖尿病、慢性膵炎などの患者様のほか、偶発的に発見された膵管拡張や膵萎縮などを有する患者様に「早期膵癌」の有無を超音波内視鏡などを用いて精査していきます。

【右図】
膵頭十二指腸切除後に膵管空腸吻合部が瘢痕閉鎖したことによって、 急性膵炎を繰り返した症例に対し、超音波内視鏡下に胃から主膵管を穿刺、ステントを留置し、劇的に改善した (超音波内視鏡下経胃膵管ドレナージ:EUS-PD)。

スタッフ紹介

  • 佐貫 毅

    佐貫 毅

    診療科長

地域医療機関の先生方へ

消化器内科はスタッフ一丸となって、多種多様な消化器疾患の診療を行っていきます。とくに内視鏡を使用した診断および治療手技を得意としていますので、ぜひ御紹介ください!!