患者支援センター

患者支援センター

部門の概要

患者さんを中心に捉え、「はり姫」の急性期医療と、地域医療機関・介護施設・行政機関等とを「つなぐ」ことを通じて、患者さんそして地域医療にも寄与してまいります。

患者支援センターフロアマップ

マップ

地域医療連携課

前方連携

日々の患者さんのご紹介や返書管理など、紹介元医療機関と「はり姫」をつなぐ連絡窓口です。

後方連携

患者さんに切れ目ない医療・看護・介護サービスが提供できるよう相談・支援を行い、「はり姫」の急性期医療と転院先病院やクリニック、訪問看護ステーション、介護施設、福祉・行政機関等をつなぎます。

地域医療連携課(直通電話):079-263-8150

入退院支援課

患者さんご家族が安心・安全に入院生活に臨んでいただくために、入院前から、看護師をはじめとする多職種のスタッフが、入院中の検査・治療・手術について分かりやすく説明するとともに、服用中の薬剤や入院中の食事の確認など各種入院前評価を行います。また、多職種で情報を共有し、適切に入院から退院へ「つなぎ」ます。

入退院の流れの図掲載作業中

周術期管理センター

麻酔科医が中心となり、予定手術患者さんが安心・安全に手術に臨んでいただけるように努めます。術前の説明と指導の充実をはかり、患者さんにも治療への参加・協力の意識を高めます。入院前にあらゆるリスクの抽出とその対処を行う事により、周術期の安全を確保します。さらに、術後合併症の回避と質の高いリハビリテーションのために術後鎮痛管理を行います。これらを含めた様々なサポートを行い、患者さんを中心とした質の高い周術期管理を提供いたします。

地域医療機関の先生方へ

開院に際しては格別なご配慮を賜り深謝いたします。皆さまのご厚情にお応えすべく、病院全職員が一丸となって鋭意努力いたしておりますが、不達な部分も多くご迷惑をおかけしていると存じます。

「はり姫」では患者さんやご家族に寄り添った支援を強化拡充するために、以下の2課を有する「患者支援センター」を、外来1階南入口横に配置いたしました。入退院支援課では、多くの職種が協働し入院前に患者さんの大切な情報を確認し、それぞれの背景や治療内容に応じて必要な情報をじっくり個室でお話しします。さらに周術期管理センターでは麻酔科医が中心となり入院前から手術患者さんのリスク管理を行います。入院から退院までの安全と安心を向上させる事を目指しています。

地域医療連携課では、医療機関からの診療や転院、CT、MRI、上部消化器内視鏡検査等の種々の検査の予約をお受けしております。また、回復期や慢性期、在宅を担っておられる医療機関の皆様と密に連携し、「はり姫」における急性期の治療後のプランニングをサポートしています。さらに、「はり姫」公開講座では、広い分野での情報提供を行ってまいります。

情熱溢れる多くの診療科が揃っています、是非ご利用ください。また、リハビリテーション科医師が後方連携に加わりより円滑な後方連携を進めます。今後、多くの地域医療機関の皆様と正確な患者情報の共有により、安心で信頼される地域医療体制の一翼を担ってまいります。地域医療機関の先生方にはお手数をおかけしますが、ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。


患者支援センター長・副院長 村津 裕嗣

調べる

TOP

調べる