脳神経内科

脳神経内科

診療科の概要

令和4年度は脳神経内科専門医5名を含む7名態勢で診療にあたる予定です。夜間・休日の当直は脳神経外科と交代で24時間体制で行います。

脳梗塞超急性期治療として、t-PA静注療法(点滴で血栓を溶かす)と機械的血栓回収療法(カテーテルを使って血栓を取り除く)を脳神経外科と連携しながら行います。脳梗塞発症早期よりリハビリテーションを開始し、リハビリテーション継続が必要な方には回復期病院への転院を、地域連携パスを使用した情報伝達によりスムーズに行います。

また、救命救急センターとして対応が求められる意識障害、痙攣、運動麻痺、呼吸不全を主症状とする神経系救急疾患(髄膜脳炎、ギランバレー症候群、重症筋無力症など)に対応します。

さらに、神経疾患全般の総合的診療(診断・治療)を幅広く行います。特に、今後はてんかんに対する診療を充実させます。

主要対象疾患

脳血管疾患(脳梗塞、一過性脳虚血発作)、末梢性めまい、てんかん、末梢神経障害、筋疾患、多発性硬化症、重症筋無力症、髄膜脳炎、脳症、パーキンソン病・症候群、脊髄小脳変性症、運動神経疾患、脊髄炎など幅広く診療します。

トピックス

検査について

主に実施する検査は、末梢神経伝導検査、針筋電図、脳波、体性感覚誘発電位、聴性脳幹反応、視覚誘発電位、CT、MRI&MRA、頚動脈超音波、脳血流シンチ、MIBG心筋シンチ、DATシンチ、神経生検、筋生検などになります。

スタッフ紹介

  • 上原 敏志

    上原 敏志

    診療科長

地域医療機関の先生方へ

「はり姫」脳神経内科では、姫路循環器病センターの医師が引き続き診療にあたります。地域の中核施設として、脳卒中をはじめとした脳神経内科疾患全般に対する充実した質の高い診療を行なってまいります。今後とも、幅広く患者さんをご紹介いただきますよう何卒よろしくお願い申し上げます。