看護部

看護部

基本理念

“患者さんを大切にし、地域から信頼される看護を提供します”

基本方針

  1. 患者さんの尊厳を守り、安全で安心な質の高い看護を提供します
  2. 看護の専門性を発揮し、チーム医療を推進します
  3. 地域と協同し、患者さんの支えになります
  4. 自律した看護師として自己研鑽に励みます
  5. 看護専門職として主体的に経営に参画します

行動指針

行動指針

看護部長挨拶

~ しなやかに 進化します ~

 兵庫県立はりま姫路総合医療センター(通称:はり姫)は、姫路循環器病センターと製鉄記念広畑病院が統合し、播磨姫路圏域(中・西播磨)の救急医療の充実、高度専門急性期医療の拡充、医療人の育成を期待され誕生しました。

 はり姫の理念は、『患者さんを大切にし、「和」と「愛」をもって、人を「幸せ」にするために、安心で信頼される最良の医療を提供します』です。看護部は、チーム医療の要として、患者さんの思いに寄り添い、「患者中心の看護」に取り組むことで、地域から「はり姫なら安心」「はり姫で良かった」と信頼される看護を提供していきます。そして、その言葉や笑顔に、看護師たちも幸せを感じ、やりがい感を実感できる看護を目指します。

 そのためのコンセプトは、「しなやかに 進化する」です。「しなやか」には、どんな状況下でも柔軟な対応ができる、動作や態度にブレがなく芯が通っている、優美であり、考えに偏りがなく落ち着いているという意味があります。そして、「進化する」には、両病院の伝統を大切に継承しつつも、創造的に、より良質な看護を探求し続けていくことを示しています。看護師として、人間力を高めながら、現状に満足することなく、常に進化していく看護部であり続けます。

看護部長 菰野 朱美

看護部の特徴

Feature01

高度専門・急性期医療の地域の拠点

はりま姫路総合医療センターは、約83万人の播磨姫路圏域の住民の方々が安心して生活が送れるように総合的な診療機能を活かし高度専門・急性期医療を担います。ハイブリットER(アンギオとCTを組み合わせた装置)を設置し、交通外傷など重篤な状態で搬送された患者の救命処置を行います。その他、ロボット手術、内視鏡手術、経皮的カテーテル治療などがんや大血管領域において専門性の高い低侵襲治療を多職種が連携して治療にあたります。現場で働く

看護師は、ラダー別の教育プログラムで学び、自己研鑽を積み、専門的知識は勿論のこと、コミュニケーション能力やマネジメント能力を養い、チーム医療を推進する中心的な役割を担っています。5分野7名の専門看護師、12分野21名の認定看護師及び、循環器疾患や外因性疾患を強みとするスぺシャリストなど専門的知識、技術をもった職員が「患者の命を救う」を第1に考え質の高い看護実践能力を発揮します。

Feature02

高度専門・急性期医療の地域の拠点

はりま姫路総合医療センターの看護部の基本方針の中に「看護の専門性を発揮し、チーム医療を推進します」と掲げています。例えば、褥瘡対策チームでは、医師、薬剤師、栄養士、看護師等がチームを組んで患者のベッドサイドに行き、褥瘡など創傷に関する問題点を共有し、薬剤の選択や食事内容、形態についての提案など意見を交わし、個別性のある治療を計画し進めていきます。看護師はその計画を日々の看護ケアの中で効率的にきめ細やかに実践し評価していきます。チーム医療で重要なことは、チームの目標を明確にして、チーム一丸となって取り組むことです。その中で看護師は患者に一番近い存在として、関連職種と連携して情報共有をし、チームメンバーをつなぐ架け橋としての役割を担います。良好なコミュニケーションの中で情報共有を図り、患者の状態の変化に直ぐに対応できることが大切です。新病院でもその人らしい生活が実現できるように、チーム医療を推進します。

Feature03

チーム医療を推進

はりま姫路総合医療センターの看護部の基本方針の中に「看護の専門性を発揮し、チーム医療を推進します」と掲げています。例えば、褥瘡対策チームでは、医師、薬剤師、栄養士、看護師等がチームを組んで患者のベッドサイドに行き、褥瘡など創傷に関する問題点を共有し、薬剤の選択や食事内容、形態についての提案など意見を交わし、個別性のある治療を計画し進めていきます。看護師はその計画を日々の看護ケアの中で効率的にきめ細やかに実践し評価していきます。チーム医療で重要なことは、チームの目標を明確にして、チーム一丸となって取り組むことです。その中で看護師は患者に一番近い存在として、関連職種と連携して情報共有をし、チームメンバーをつなぐ架け橋としての役割を担います。良好なコミュニケーションの中で情報共有を図り、患者の状態の変化に直ぐに対応できることが大切です。新病院でもその人らしい生活が実現できるように、チーム医療を推進します。

Feature04

医療系大学・研究機関との共同研究を推進

敷地内には教育研修棟があり、兵庫県立大学の先端医療工学研究所や、獨協学園の研究機関が設置されています。医療現場の実態に即した教育・研修プログラムの策定や体制の構築、共同研究を推進 し、優秀な人材を育成し、地域医療の質の向上に寄与します。さらに播磨地域の医療従事者が集まるリーディングホスピタルを目指します。

新人教育について

1. 新人教育支援体制について

サポート体制

新人看護師の成長を病院スタッフみんなが見守り、サポートする体制が整っています。

2. 新人看護師教育スケジュール

年間を通して、院内集合研修が計画されています。
さらに兵庫県立病院で勤務している新人看護職員が集合して行なう研修もあります。

3. 新人看護師の1日(パートナーシップナーシングシステム)

PNSとは

パートナーシップ・ナーシング・システムは、看護師2人1組で患者の看護を行う看護提供方式で、安心して業務に取り組めます。

看護部教育プログラム

新人以外にも看護師のキャリアに合わせて、様々な院内研修があります。
急性期医療を実践する看護師として看護実践能力を高める院内研修をラダー別に実施しています。実践に活かせる研修、個人のキャリアを伸ばす研修を心がけています。

その他専門コース(全レベル対象)

・災害看護研修~災害モードに切り替えろ~
・フィジカルアセスメント達人コース~臨床推論~
・静脈注射B研修~CVポート管理~

その他、兵庫県立病院に勤務する看護師対象の集合研修もあり、誰でも研鑽の機会が得られるようになっています。

キャリアアップ支援

専門看護師の育成

長期自主研修支援制度を利用し、公務員の身分を保持したまま大学院に進学することができます。

認定看護師の育成

概ね3年以上の勤務者(ラダーⅢ以上で認定看護師課程の受験要件を満たしている者)を対象に、毎年15名程度、県立病院認定看護師養成派遣研修制度の研修生を募集しています。日本看護協会認定課程と日本精神科看護協会認定課程を受けることができます。

経費は県が負担

概ね6ヶ月程度(各課程によって異なる)、研修派遣に係る下記の経費は県が負担します。 ①入学検定料 ②入学金 ③授業料 ④認定資格審査料・認定資格登録料(初回のみ)

専門・認定看護師のご紹介

当院には多くの専門・認定看護師が在籍しております。

詳細を知りたい方はこちらのページをご覧ください。

看護部における実習・研修の受け入れについて

県立はりま姫路総合医療センター看護部では、実習や研修を受け入れるにあたり、より良い環境を提供できるよう努めております。

詳細を知りたい方はこちらのページをご覧ください。