看護部

看護部

看護部紹介

基本理念

“患者さんを大切にし、地域から信頼される看護を提供します”

基本方針

  1. 患者さんの尊厳を守り、安全で安心な質の高い看護を提供します
  2. 看護の専門性を発揮し、チーム医療を推進します
  3. 地域と協同し、患者さんの支えになります
  4. 自律した看護師として自己研鑽に励みます
  5. 看護専門職として主体的に経営に参画します

行動指針

行動指針

看護部長挨拶

~ しなやかに 進化します ~

 兵庫県立はりま姫路総合医療センター(通称:はり姫)は、姫路循環器病センターと製鉄記念広畑病院が統合し、播磨姫路圏域(中・西播磨)の救急医療の充実、高度専門急性期医療の拡充、医療人の育成を期待され誕生しました。

 はり姫の理念は、『患者さんを大切にし、「和」と「愛」をもって、人を「幸せ」にするために、安心で信頼される最良の医療を提供します』です。看護部は、チーム医療の要として、患者さんの思いに寄り添い、「患者中心の看護」に取り組むことで、地域から「はり姫なら安心」「はり姫で良かった」と信頼される看護を提供していきます。そして、その言葉や笑顔に、看護師たちも幸せを感じ、やりがい感を実感できる看護を目指します。

 そのためのコンセプトは、「しなやかに 進化する」です。「しなやか」には、どんな状況下でも柔軟な対応ができる、動作や態度にブレがなく芯が通っている、優美であり、考えに偏りがなく落ち着いているという意味があります。そして、「進化する」には、両病院の伝統を大切に継承しつつも、創造的に、より良質な看護を探求し続けていくことを示しています。看護師として、人間力を高めながら、現状に満足することなく、常に進化していく看護部であり続けます。

看護部長 菰野 朱美

看護部の特長

Feature01

高度専門・急性期医療の地域の拠点

はりま姫路総合医療センターは、約83万人の播磨姫路圏域の住民の方々が安心して生活が送れるように総合的な診療機能を活かし高度専門・急性期医療を担います。ハイブリッドER(アンギオとCTを組み合わせた装置)を設置し、交通外傷など重篤な状態で搬送された患者の救命処置を行います。その他、ロボット手術、内視鏡手術、経皮的カテーテル治療などがんや大血管領域において専門性の高い低侵襲治療を多職種が連携して治療にあたります。現場で働く看護師は、ラダー別の教育プログラムで学び、自己研鑽を積み、専門的知識は勿論のこと、コミュニケーション能力やマネジメント能力を養い、チーム医療を推進する中心的な役割を担っています。5分野7名の専門看護師、12分野21名の認定看護師及び、循環器疾患や外因性疾患を強みとするスぺシャリストなど専門的知識、技術をもった職員が「患者の命を救う」を第1に考え質の高い看護実践能力を発揮します。

Feature02

働きやすい職場環境

はりま姫路総合医療センター看護部の基本方針の中に「看護の専門性を発揮し、チーム医療を推進します」と掲げています。例えば、褥瘡対策チームでは、医師、薬剤師、栄養士、看護師等がチームを組んで患者のベッドサイドに行き、褥瘡など創傷に関する問題点を共有し、薬剤の選択や食事内容、形態についての提案など意見を交わし、個別性のある治療を計画し進めていきます。看護師はその計画を日々の看護ケアの中で効率的にきめ細やかに実践し評価していきます。チーム医療で重要なことは、チームの目標を明確にして、チーム一丸となって取り組むことです。その中で看護師は患者に一番近い存在として、関連職種と連携して情報共有をし、チームメンバーをつなぐ架け橋としての役割を担います。良好なコミュニケーションの中で情報共有を図り、患者の状態の変化に直ぐに対応できることが大切です。新病院でもその人らしい生活が実現できるように、チーム医療を推進します。

Feature03

チーム医療を推進

はりま姫路総合医療センターの看護部の基本方針の中に「看護の専門性を発揮し、チーム医療を推進します」と掲げています。例えば、褥瘡対策チームでは、医師、薬剤師、栄養士、看護師等がチームを組んで患者のベッドサイドに行き、褥瘡など創傷に関する問題点を共有し、薬剤の選択や食事内容、形態についての提案など意見を交わし、個別性のある治療を計画し進めていきます。看護師はその計画を日々の看護ケアの中で効率的にきめ細やかに実践し評価していきます。チーム医療で重要なことは、チームの目標を明確にして、チーム一丸となって取り組むことです。その中で看護師は患者に一番近い存在として、関連職種と連携して情報共有をし、チームメンバーをつなぐ架け橋としての役割を担います。良好なコミュニケーションの中で情報共有を図り、患者の状態の変化に直ぐに対応できることが大切です。新病院でもその人らしい生活が実現できるように、チーム医療を推進します。

Feature04

医療系大学・研究機関との共同研究を推進

敷地内には教育研修棟があり、兵庫県立大学の先端医療工学研究所や、獨協学園の研究機関が設置されています。医療現場の実態に即した教育・研修プログラムの策定や体制の構築、共同研究を推進 し、優秀な人材を育成し、地域医療の質の向上に寄与します。さらに播磨地域の医療従事者が集まるリーディングホスピタルを目指します。

看護部 部署紹介

外来1

部署紹介

1階外来は、整形外科、泌尿器科、小児科の診療とCT、MRI、核医学検査、放射線治療、PETの放射線科部門を担当しています。私たち外来看護師は、患者さんやご家族に満足していただける質の高い医療・看護の提供を目指しています。
この度、当院では外来患者案内システムを導入し、患者さんやご家族の長時間の待ち時間の苦痛に対応しています。また、地域包括ケアシステムを推進し、患者さんのさまざま療養生活上の問題に対して、多職種と連携をとりながら安心して療養生活を送れるように支援しています。

ホームページを見た人に一言!

来院された患者さんご家族は不安でいっぱいと思います。玄関を入り最初に接するのは私達外来看護師です。笑顔でやさしく丁寧に対応し、診療、検査、治療がスムーズに安心・安全に受けられる看護を提供していきます。
私たちは、病院の顔です。外来では多職種との関わりが多いため、外来看護師はチーム医療の要としてコミュニケーション能力を発揮し、one teamで患者さんの望む最良な医療の提供を目指します。

外来2

部署紹介

2階外来は、13診療科の外来と、心臓リハビリテーション室、中央採血室、中央処置室、生理検査部、超音波センター、内視鏡センターなど多岐にわたっています。
糖尿病や心不全に対して入院や通院治療中の患者さんやご家族からの相談・指導・ケアを行い、療養生活の視点に沿った支援を行う外来を開いています。

ホームページを見た人に一言!

患者さんの生活の場を見据えた関わりがおこなえるよう、他職種とも連携を取りながら「安全で安心な医療・看護」が提供できるようチーム一丸となって取り組んでいきます。また、患者さんの声に耳を傾け、思いを尊重し、患者さんやその家族に寄り添う看護を提供できるよう取り組んでいきます。

外来3

部署紹介

3階外来には12の診療科があります。眼科や耳鼻咽喉科頭頸部外科などにおいては、視能訓練士や臨床検査技師など多職種と連携を密にしながら、日々患者さんの診療・看護にあたっています。また、外来に来られる方は誰もが不安を抱えておられますので、スタッフ一同その不安を少しでも和らげられるよう丁寧な説明と声掛けを心がけています。

ホームページを見た人に一言!

3階外来にはストーマケアやリンパ浮腫ケアなど、がんに関連したご相談をお受けする外来があります。また、がん相談支援センターとも連携し、患者さんが安心して治療を受けられるよう日々努めております。
ご心配なことやご不明なことがありましたら、その都度対応させていただきますので、看護師にお声がけください。

初療・アンギオ

部署紹介

初療・アンギオ室は、2次救急及び3次救急の患者さんを24時間体制で受け入れ、ドクターカー・ドクターヘリといったプレホスピタル活動も担う、救命救急医療の最前線の部署です。また、血管造影室を5室有しており、検査・血管内治療だけでなく、アブレーションといった不整脈の治療も行っています。生命の危機的状況にある患者さんやご家族の思いに寄り添い、救命・回復・社会復帰に向け、チーム一丸となり良質な医療の提供を目指しています。

ホームページを見た人に一言!

初療・アンギオ室では、突然の疾病や傷病により生命の危機的状況にある患者さんやご家族の思いに寄り添い、救命・回復・社会復帰に向けて、チーム一丸となり良質な医療の提供を目指しています。また、血管造影室では、患者さんの不安や緊張を和らげ、苦痛の軽減を行い、安心して検査・治療を受けることができるように支援していきます。

救急病棟

部署紹介

救急病棟は、その名の通り“救急”患者さんが入院される病棟で、昼夜を問わず多くの患者さんを受け入れています。突発的な事故や症状の出現で不安な上に、緊急の処置や治療を必要とする患者さんが大半を占めています。不安が少しでも軽減し、入院生活が安全安楽に過ごせるようにスタッフ一同、力を合わせて看護をしています。

ホームページを見た人に一言!

救急病棟は、1階の救命救急センター内にあり、病床は24床です。24時間、小児から高齢者まで様々な診療科や状態の患者さんを受け入れるため、看護師には多くの知識と看護技術が必要とされます。医師や多職種と協力し、患者さんの変化を予測し適切な処置、看護を実践していきます。状態の落ち着いた患者さんは数日で一般病棟に転棟されますが、短い期間であっても患者さんに寄り添い心のこもった看護が提供できるように日々頑張っていきます。

E-ICU・CCU

部署紹介

E-ICU・CCUは診療科・年齢問わず、救急搬送された重症患者さん(多発外傷や重症熱傷、心筋梗塞や多臓器不全など)に対して、安全で高度な医療や看護を提供できるように努めています。生命の危機的状態である患者さんのみならず、ご家族に対してもできるだけ寄り添い、患者さんが一刻も早く生命危機から脱出し、持てる力を最大限に引き出せるよう、多職種と協働しながら看護を実践しています。

ホームページを見た人に一言!

常に緊迫した医療現場なので、冷静な判断力と幅広い分野での知識・技術が求められます。当ICUの看護師は質の高い看護を提供するために、定期的な学習会を行い、個々の自己研鑽に務めています。よりよい医療の提供のために医師やコメディカルと協働できる環境が整っています。患者さんが回復される姿を目の当たりにすると大きな達成感と喜びを感じることができる部署でもあります。この瞬間を皆と一緒に共有したいと思っています。

G-ICU

部署紹介

G-ICUには主に侵襲度の高い予定手術後や院内で容体が急変した方、心臓血管外科系の術後患者さんの全般が入室されます。またG-ICUでは、重症な患者さんに対して早期回復に向けた支援として、多職種と協働しながら適切なアセスメントを行い、治療・看護ケアを提供しています。そして、患者さんの病気や治療に不安を抱えたご家族の思いに寄り添い、精神的サポートも行っています。

ホームページを見た人に一言!

G-ICUに入室された患者さんの中には、人工呼吸器を装着して声が出せなかったり、沢山の機械やチューブが挿入され体が思うように動かせない方もいます。私たちはそんな患者さんの内なる声に耳を傾け、日々細やかなケアを実践していきます。
また患者さんが退院後も心身ともに入院前と同じような生活を送ることが出来るようにさらにケアを充実させ、患者さん及びご家族の生活の質の維持に向けた看護を提供していきます。

HCU

部署紹介

HCU(高度治療室)では、手術の当日や全身状態が不安定な患者さんに対して、クリティカルケアを提供しています。入床されている患者さんは、疾患の幅が広く重症度が高いため看護体制は4対1(患者数4人に対し看護者1名)をとっています。命を守ることを使命とし、患者さん一人ひとりを尊重し思いやりのある質の高い看護の提供を目指しています。

ホームページを見た人に一言!

HCUは手術後を含め幅広い疾患と、年齢を問わず患者さんを受け入れています。透析治療もHCUエリアに含まれています。そのためHCUでは急変予知能力、急変対応実践力が必要となります。HCU看護師として迅速で的確な判断能力の向上が図れるよう、各個人が役割を意識し看護実践能力向上に取り組んでいきます。
また患者さんや家族の思いを大切に、看護を提供していきます。

5階南

部署紹介

5階南病棟は、精神疾患患者さんの重症身体合併症に対して、身体疾患の治療と精神疾患の治療・看護を行う病棟です。身体合併症においては、救命救急センターとの連携、身体疾患の診療科との協働により、精神・身体面で危機的状況にある患者さんの個々人のニードに合わせた安全・安心で最適な治療環境・療養環境を目指してまいります。

ホームページを見た人に一言!

精神科では、患者さん自身が症状や思いを医療者にうまく伝えられない場合があります。私たち医療スタッフは、観察力を磨き、倫理観を大切に、患者さんが安心して治療に臨めるよう、信頼関係の構築を第一に考えていきたいと思います。また、精神科病棟のスタッフだけでなく、精神保健福祉士や公認心理師、精神看護専門看護師、作業療法士などと連携しそれぞれの専門性を活かしたチーム医療を行っていきます。

5階西

部署紹介

はり姫の緩和ケア病棟は、病気に関わらず、緩和ケアの提供を行うことが大きな特徴になります。つらい症状を緩和するにあたって、ご入院が必要な場合に、事前に面談をしてからご利用いただけます。この播磨地域において、切れ目ない緩和ケアの提供を目指しています。病棟の設備は、20床全室無料個室となります。デイルームや庭園があり、家族がゆっくり過ごすことができる家族控室、自由に利用できる家族用のミニキッチンを備えています。

ホームページを見た人に一言!

はり姫の緩和ケア病棟は、患者さんとそのご家族の思いを大切にし、安心して過ごせる環境を提供していきます。また、開設したばかりなので、みなさんとともに創って成長していく病棟です。入院されたみなさま方には、悩みや、不安、希望など、遠慮なくスタッフにお伝えください。ともに考え支援させていただきます。

5階東

部署紹介

5階東病棟は、腫瘍・血液内科、消化器内科の混合病棟です。腫瘍・血液内科では、臓器横断的に幅広い癌種の治療を行います。消化器内科は消化管と肝臓、胆嚢、胆管、膵臓を含む臓器の疾患の治療を行います。病棟では患者さんが安心して、内視鏡治療、薬物治療、化学療法などを受けられること、そして患者さんの苦痛を最小限にできるような看護を心がけています。

ホームページを見た人に一言!

患者さんの闘病を支え、立ち止まることはあっても常に前を見て、いつか穏やかな笑顔で退院されることを目標に取り組みます。動き出したばかりの病棟ですが、日々の経験から何かを学び、それを積み重ねて「明日は今日より良い看護」を提供したいという思いを形にしていきます。

6階西

部署紹介

6階西病棟は産科病棟です。陣痛や破水で入院される産婦さん、つわりや切迫早産、高血圧のため分娩前から入院される妊婦さんがおられますが、どの方にも安心・安全なお産をしていただくお手伝いをするのが私たちスタッフの使命です。
病棟と外来は1つの部署としてスタッフが配置されていますので、妊娠期から継続支援を行います。産婦人科医師だけでなく、小児科医師はベビーの異常があればいつでもすぐに対応します。

ホームページを見た人に一言!

病棟スタッフが産婦人科外来・妊婦相談も担当しますので、妊娠初期から一緒にお産・育児について考えていきましょう。私たちは、総合病院ならではの合併症のある妊産婦さんにも対応します。お母さん、ベビーを産婦人科医・小児科医・助産師・看護師が全力で応援します。

6階東

部署紹介

6階東病棟は、小児科・小児外科(整形外科・耳鼻咽喉科・形成外科・外科など)・婦人科・乳腺外科・その他女性の混合病棟です。入院される患者さん・患者さんを支えるご家族に寄り添い、安全で安心な治療や看護が受けられるように、スタッフ一同医師、多職種と協力して支援していきます。
私たちは、「患者さんを笑顔に」を合言葉に、患者さんご家族に優しく、安全で安心な、質の高い看護の提供を目指しています。

ホームページを見た人に一言!

私たちの病棟は0歳から高齢の方まで幅広い年齢層の患者さんの看護を行っています。入院されている子どもや女性の笑顔をモットーに、病棟スタッフが一丸となって 明るく温かい雰囲気の病棟を目指しています。まだまだ新しく動き始めた病棟ですが、スタッフ間のコミュニケーションを円滑に行い、医師、多職種とも協力して安全な看護を行います。

7階西

部署紹介

主に四肢、骨盤、顔面などの外傷患者さんを受け入れている整外外科、形成外科の病棟です。突然の受傷による不安な思いに寄り添いながら、手術前後の安全な管理からリハビリへとスムーズに進むように高度治療に対応する専門性の高い看護を実践しています。1日も早く回復し社会に復帰していただけるように退院後の生活も見据え、他部署多職種と連携してチームで取り組んでいます。

ホームページを見た人に一言!

私たちは、患者さんが安心して治療を受け、意欲的にリハビリに取り組んでいただけるように、同じ目線に立ち一緒に考えて支えることを大切にしています。
患者さんの笑顔や回復は私たちのパワーの源です。「ここで治療を受けてよかった。」と笑顔で退院していただくことを目指して、自己研鑽に努めながらいつも元気で前向きに日々の看護に励んでいます。

7階東

部署紹介

7階東病棟は、整形外科・消化器内科の混合病棟です。整形外科では、股関節・膝の人工関節手術、脊椎疾患などの予定手術に加え、交通外傷や転倒による外傷性骨折など緊急入院される方の周術期に関連する看護を主に行います。また消化器内科では、内視鏡下や放射線透視下での検査・治療される方が入院されます。医師・理学療法士・薬剤師・医療ソーシャルワーカーなど多職種と連携を図りチーム医療に取り組み、安心・安全に入院生活が送れるよう、患者さんに寄り添った看護をめざしています。

ホームページを見た人に一言!

整形外科手術後はADLの低下が余儀なくされます。そのため、機能的改善を重視し、リハビリ部門との協働により、患者さんの日常生活の援助や疼痛コントロールを行います。笑顔あふれる病棟を目指し、患者さんも笑顔になるよう、患者さんの力を引き出す・支える・後押しする看護を提供していきます。

8階西

部署紹介

8階西病棟は、眼科・腎臓内科・総合内科・循環器内科の混合病棟です。手術や検査を受けられる患者さんが多く、退院後も安心して日常生活が送れるよう生活指導も行っています。スタッフは、個々の専門知識や経験を共有することで、安全で確実な看護実践に繋げられるよう努めています。また、入院された患者さんやご家族が安心して治療に専念できる環境を作れるよう取り組んでいきます。

ホームページを見た人に一言!

混合病棟で様々な疾患の患者さんのケアを行っています。入院された患者さんが安心して入院生活を送っていただけるよう、笑顔を大切に、患者さんの目線に立って考えられる看護を提供できるよう努めていきます。
また、入院時から退院後の生活を見据えた生活指導や退院調整を行い、退院後の生活に不安がないよう、多職種や外来との連携を含めた退院支援を目指しています。

8階東

部署紹介

8階東病棟は、脳神経外科、耳鼻咽喉科・頭頚部外科、糖尿病・内分泌内科の混合病棟です。教育プログラムに沿った教育入院や、カテーテルによる検査・治療、手術、化学療法、放射線治療など多岐にわたる医療の提供を行なっています。私たちは、患者さんの言葉に耳を傾け、待つ姿勢を心掛けながら日常の関わりやリハビリテーションにより、患者さんが持つ力を最大限に発揮できるよう支援を行っています。

ホームページを見た人に一言!

私たちは、笑顔で挨拶ができ、患者さんの回復を一緒に喜び、患者さんと共に歩める病棟を目指します。治療により、つらい時期もありますが、できる限り苦痛の緩和が図れ、一人ひとりの患者さんにとって最善の看護が提供できるよう、医師をはじめ多職種との協働に努めています。

9階西

部署紹介

心臓血管外科・循環器内科、呼吸器外科、放射線科(IVR)の混合病棟です。主に、手術や症状コントロール、緩和を中心とした治療を実施しています。
急性期から慢性期の経過を繰り返す患者さんに対して、多職種と連携し患者さんに合わせた医療が提供できるよう努めています。医療者だけでなく患者さんとご家族と共に考え目標を共有し、退院後も病気と上手く付き合えるように生活調整の支援に取り組んでいます。

ホームページを見た人に一言!

多岐に渡る治療を受ける患者さんに安全な看護を提供するために「話し合い、助け合い、学び合う病棟」をスローガンとして掲げています。常に多職種と連携を取りながらチーム医療を実践し、手術や症状緩和、患者指導など幅広く看護を展開することができ学びが多い部署です。
スタッフが安心して働けるように、意見しやすい風通しの良い病棟を目指しており、医療者間の対話を惜しまず協力し合う環境を大切にしています。

9階東

部署紹介

9階東病棟は、循環器内科と心臓血管外科の混合病棟です。この病棟には、心臓病を抱える患者さんが治療を受けるために入院されます。循環器内科では、主に狭心症や心筋梗塞などの冠動脈疾患をもつ患者さんや、心不全の状態にある患者さんの治療を行っています。また心臓血管外科では、主に心臓の外科的手術を受ける患者さんの治療を行っています。ここで働く私たち看護師は、入院される患者さんが安全に、かつ安心して治療を受けることができるように療養上のケアを提供しています。

ホームページを見た人に一言!

9階東病棟で働く私たち看護師は、心臓病を抱える地域の皆さんに安全かつ安心な看護を提供することが使命であると思っています。私たちの今年のテーマは「対話」です。病院統合により2つの病院から集まったメンバーたちと「対話」を通して学び会う環境を作り、患者さんへより良い看護を提供できるように日々精進してまいります。この地域の心臓病を抱える患者さんに、ここへ入院して良かったと感じてもらえる病棟を目指して…!

10階西

部署紹介

脳神経内科の主な疾患は、脳梗塞やてんかん、ALSや多発性硬化症などの神経難病です。疾患に伴い生じる様々な症状に対し、ADLの維持・拡大を目指して多職種と連携・協働し、個別性に応じた適切な看護を提供します。
また循環器内科では、主に不整脈・心不全などの心疾患をもつ患者さんを受け入れます。循環・呼吸など全身状態の変化に注意し、不安を抱く患者さんの思いに寄り添った看護を提供します。

ホームページを見た人に一言!

脳梗塞や神経難病は、発症により、生活再編を余儀なくされる方がおられます。また、不整脈や心疾患は確実な薬剤管理や退院後の生活管理が重要となります。そんな患者さんや家族の不安に寄り添い、一緒に考え、前を向くお手伝いをさせて頂きたいと考えています。入院中はもちろん、退院後も安心して地域で生活できるよう、多職種と連携・協働し、安心・安全な看護を提供します。

11階西

部署紹介

11階西病棟です。外科・消化器外科(35床)脳神経内科(13床)の混合病棟で、手術や化学療法を受ける患者さんや脳卒中の発症早期の治療や回復期のリハビリテーション・退院支援など患者さんの思いに寄り添い、安心・安全な質の高い治療・看護の提供を目指し、医師・看護師・理学療法士・MSW・薬剤師・栄養士など多職種と連携を取りながらチーム医療を行っていきます。

ホームページを見た人に一言!

兵庫県立はりま姫路総合医療センターでは、2つの病院の診療や看護のスキルを活かし、さらに専門性を高めた医療の提供を目指しています。患者さん本人や家族へ治療や療養生活などについて医療スタッフと相談しながら安心して入院生活を過ごしていただけるように医療サービスを提供していきたいと考えています。

12階西

部署紹介

12階西病棟は、呼吸器内科、泌尿器科、皮膚科、口腔外科を中心に、急性期・周手術期・慢性期・終末期と多様なケアを必要とする患者さんが入院されている混合病棟です。スタッフ一人ひとりが、患者さんやご家族のニーズにあった看護が提供できるよう、知識や技術、チームワークを大切にし、さりげない心遣いで患者さんやご家族に寄り添そえる質の高い看護の提供を目指しています。

ホームページを見た人に一言!

12階西病棟ははりま姫路総合医療センターの最上階にあり、北は姫路城、南には瀬戸内海が見える眺め最高な病棟です。さりげない心遣いで患者さんやご家族に寄り添えるようにチーム間で刺激し合い、よりよい看護か提供できるよう、医師や多職種とも情報共有に努め、看護師一人ひとりが安全で質の高い看護を実践しできるよう取り組んでいきます。

手術室

部署紹介

手術室は16室あり、高度急性期医療機関として先端医療のハイブリッド手術やロボット支援手術、救命救急センターからも緊急度の高い患者さんを24時間受け入れます。患者さんが安心して手術を受けていただけるよう、各診療科の医師、看護師、臨床工学技士、薬剤師、事務職員をはじめ多職種のスタッフと、質の高い手術室ケアを提供しています。

ホームページを見た人に一言!

「手術室ってどんなところ?」「よくわからない…」など 具体的なイメージが湧きにくい部署ですが、患者さんの声を聴き、寄り添いながら心のこもった看護が提供できるよう日々努めています。思いやりの心を大切に、温かい手術室をめざし努力していきます。

キャリア支援室

部署紹介

看護部の教育理念「高い看護実践能力と看護の倫理観を持ち、自ら学び続ける看護職を育成します」に基づき、全看護師の育成・キャリア開発に関する支援を行います。「対話」を大切にした継続教育を実践し、看護師それぞれが相手のことを尊重し、自律した看護師の育成を目指します。ラダー別研修企画、看護技術の習得支援だけでなく、部署の看護師長と連携をとりながらメンタルサポートも行い、安心して看護実践が継続できるよう支援しています。

ホームページを見た人に一言!

病棟の教育委員・教育担当者と共に実践に活かせる研修を企画し、実践で困っている知識や技術の習得を自信が持てるまで支援しています。
「はり姫」で、看護師としてのキャリアを積んでいきませんか?キャリア支援室は、生涯学習しながら患者さんの生きる力を引き出す看護を提供できるよう看護師を全力で応援します。

入退院支援室

部署紹介

入退院支援室は、主に予定入院の患者さんに対して、入院前から専任の看護師をはじめ薬剤師、栄養士、医療ソーシャルワーカー、事務職員などの多職種が連携し、退院後の生活まで見据えた包括的な支援を行う部署です。入院生活や入院後の治療過程をイメージでき、安心して治療に専念できるよう関わります。
また、病床管理を担当する専任の看護師長を配属し、入院の際には患者さんの病状に合わせた適正な病棟にご案内します。

ホームページを見た人に一言!

病院南玄関入ってすぐ右手にある患者支援センター内には、周術期管理センターも併設されています。入院前から始まる入退院支援、いわゆるPFM(Patient Flow Management)は、外来・病棟で分散していた業務を入退院支援室に集約し、患者満足並びに医療の質を向上していくという役割を担っています。すべての利用者の拠り所となるような運営を目指していますので、皆さんも是非お立ち寄りください。

地域医療連携課

部署紹介

地域医療連携課は、患者さんに切れ目のない医療・看護・介護サービスが提供できるよう支援・調整を行い、地域の医療機関や保健・福祉サービス機関との“病院と地域をつなぐ窓口”として活動しています。主な業務内容は、前方支援(患者の受け入れ支援)、後方支援(退院に向けての支援・相談業務)、側方支援(患者、地域医療スタッフへの医療情報提供)の3本柱になります。

ホームページを見た人に一言!

地域医療連携課は、事務職員、退院調整看護師、医療福祉相談員が協力して働いています。退院調整看護師は、患者さんの病状をふまえ、患者さんがどこでどのように過ごしたいのか、ご家族どのように思っているのかを聴きながら、在宅スタッフと協働して支援しています。

教育について

新人教育について

1. 新人教育支援体制について

サポート体制

新人看護師の成長を病院スタッフみんなが見守り、サポートする体制が整っています。

2. 新人看護師教育スケジュール

年間を通して、院内集合研修が計画されています。
さらに兵庫県立病院で勤務している新人看護職員が集合して行なう研修もあります。

3. 新人看護師の1日(パートナーシップナーシングシステム)

PNSとは

パートナーシップ・ナーシング・システムは、看護師2人1組で患者の看護を行う看護提供方式で、安心して業務に取り組めます。

看護部教育プログラム

新人以外にも看護師のキャリアに合わせて、様々な院内研修があります。
急性期医療を実践する看護師として看護実践能力を高める院内研修をラダー別に実施しています。実践に活かせる研修、個人のキャリアを伸ばす研修を心がけています。

その他専門コース(全レベル対象)

  • 災害看護研修~災害モードに切り替えろ~
  • フィジカルアセスメント達人コース~臨床推論~
  • 静脈注射B研修~CVポート管理~

その他、兵庫県立病院に勤務する看護師対象の集合研修もあり、誰でも研鑽の機会が得られるようになっています。

キャリアアップ支援

専門看護師の育成

長期自主研修支援制度を利用し、公務員の身分を保持したまま大学院に進学することができます。

認定看護師の育成

概ね3年以上の勤務者(ラダーⅢ以上で認定看護師課程の受験要件を満たしている者)を対象に、毎年15名程度、県立病院認定看護師養成派遣研修制度の研修生を募集しています。日本看護協会認定課程と日本精神科看護協会認定課程を受けることができます。

経費は県が負担

概ね6ヶ月程度(各課程によって異なる)、研修派遣に係る下記の経費は県が負担します。 ①入学検定料 ②入学金 ③授業料 ④認定資格審査料・認定資格登録料(初回のみ)

専門・認定看護師のご紹介

当院には多くの専門・認定看護師が在籍しております。

詳細は下記ページをご覧ください。

専門看護師・認定看護師のご紹介(兵庫県立はりま姫路総合医療センター 総合採用サイト

看護部における実習・研修の受け入れについて

県立はりま姫路総合医療センター看護部では、実習や研修を受け入れるにあたり、より良い環境を提供できるよう努めております。その一環として、実習の手続きについてもスムーズに行っていただけるよう、「看護部 臨地実習受け入れフローチャート」に沿ってお手続きください。なお、ご提出いただく書類等は、臨地実習受け入れフローチャートの後方にダウンロードして頂けるようにしております。(ダウンロード書類一覧)

県立はりま姫路総合医療センター看護部
臨地実習受入フローチャート

手順・行うこと・提出様式 提出期限、目安等 提出者⇒提出先
1 実習依頼の打診受付 教育機関の様式での実習依頼書の届出 実習開始前年度の7~9月末まで 教育機関⇒看護部
2 日程調整後に内諾通知を案内
※希望日程が重なった場合は別途個別調整を行う
9月末以降 看護部⇒教育機関
3 翌年度の年間スケジュールを作成し総務課と共有する 10月ごろ 看護部⇒総務課
4 翌年度の実習受入の看護部内諾通知と必要書類の提出方法を明記した紙面を教育機関へ送付する 11月ごろ 看護部⇒教育機関
5 教育機関書式での実習委託契約書の届出(院長宛で一部のみ) 実習開始1カ月前頃 教育機関⇒総務課
6 実習前説明会の開催
教育機関からの依頼を受け、臨地実習担当次長が日程調整し、教員と院内関係者で実習の打ち合わせを行う
※院内出席者:臨地実習担当次長、実習受入部署の看護師長・臨地実習指導者
実習開始1カ月前までに 教育機関⇒看護部 ⇒実習受入部署
7

教育機関に依頼した書類の受領 ※郵送もしくは持参

実習生名簿(2部):実習名・実習期間・実習場所・担当教員が書かれたもの(1部は看護部で保管)
・電子カルテ利用申請書(ダウンロード書類①) 
・抗体価検査等結果証明書(ダウンロード書類③)
・機密保持及び個人情報保護等に関する誓約書(ダウンロード書類④)
※患者への同意書は教育機関の書式を用いる

実習開始の2週間前ごろ 教育機関⇒総務課
8 担当次長は、実習初日までに総務課にセキュリティカードの準備を連絡する
9

【実習初日】

  • 教員は院内入館前に、学生の健康チェックを行ったうえで、教育研修棟の1階から入館し、1階のラウンジで学生を待機させる
  • 教員は、病院棟4階の総務課にて健康チェックシート(ダウンロード書類⑤)、新型コロナ対策問診票(ダウンロード書類⑥)を提出し、セキュリティカードとロッカー室の鍵、ロッカーの鍵リスト、電子カルテのID・パスワードを受け取る
  • ⑤⑥において教員より相談があった場合は、総務課職員より看護部に連絡をする
  • 教員は、学生を連れて教育研修棟1階の更衣室に行き、更衣を行う
  • 教員は学生に対し、使用する設備等のオリエンテーションを行ったのち、学生を実習部署へ連れていく
    ※記録場所:メディアライブラリー、病棟学生カンファレンス室
     食事場所:メディアライブラリー、病棟学生カンファレンス室
     コピー機の場所:メディアライブラリー
  • 各部署の臨地実習指導者と師長は、学生にオリエンテーションを行う   
    ※⑦実習・研修オリエンテーションパンフレットは教育機関がホー ムページよりダウンロードし学生に配布しておく。学生は忘れずに 実習に持参する
    パンフレット及び動画資料等を用いて看護部オリエンテーション を行う
実習当日 教育機関⇒総務課
10

【実習2日目以降】

  • 教員は、実習部署に行く前に健康チェックを行い、問題があれば実習部署の看護師長に報告・相談する
  • 急性期実習における手術室及びICUのオリエンテーションは、実習部署の看護師長が調整を行う(原則実習初日の午後)
実習中
11

【実習最終日】

  • 更衣を終えたら、各自ロッカー内を清掃し、鍵が全て差し込んであるかを教員が確認する
  • 教員は実習出席表を総務課に提出する
  • 教員はロッカー室の鍵とセキュリティカードを総務課に返却する
実習最終日 教育機関⇒総務課
12

実習委託料の支払い
※支払い作業完了後は、教育機関任意様式の支払通知を提出

実習終了翌月末まで 教育機関⇒総務課

教育機関や実習生の都合により、実習を辞退する場合

※実習辞退届(教育機関書式)

教育機関⇒総務課

ダウンロード書類一覧

① 電子カルテ利用申請書 (xlsx)

② ワクチン接種及びウイルス抗体価検査結果報告書の提出について (pdf)

③ 抗体価検査等 結果証明書  (xlsx)

④ 臨地実習に係る機密保持及び個人情報保護等に関する誓約書 (docx)

⑤ 健康チェックシート (xlsx)

⑥ 新型コロナ対策問診票 (xlsx)

⑦ 実習・研修オリエンテーション (pdf)

調べる

TOP

調べる