呼吸器外科

呼吸器外科

診療科の概要

初診の際は十分な時間をかけ、病気の状態、手術の必要性、手術術式、起こりうる術後合併症について患者さんが納得のいくまで説明いたします。
胸腔鏡下手術を9割以上の症例で行っています。傷が小さく、肋骨を切らないので、術後の痛みは少なく、早期の退院が可能です。気胸では術後2~3日、肺癌の手術では術後3~4日で退院が可能です。従来は1cmの創2か所と3cmの創1か所の計3か所の創で肺癌手術を行っておりましたが、最近では4cmの創1か所からのみで肺切除を行う、単孔式手術を導入しています。呼吸器内科、放射線科、緩和ケア内科、病理診断科と連携し、手術、化学療法、放射線治療、さらには緩和医療にチームで取り組んでいます。

高齢化社会の到来で複数の併存疾患を有する肺癌が増加してきています。また、心臓外科の介入が必要な拡大手術も時に経験いたします。当院は30を超える診療科を有する総合病院であり、一施設で治療の完結が可能です。肺癌のみならず、気胸、膿胸といった急性期、炎症性疾患にも対応しておりますので、対象疾患がおありの際は是非ともご紹介の程よろしくお願いいたします。

主要対象疾患

  • 原発性肺がん
  • 転移性肺腫瘍
  • 自然気胸
  • 縦隔腫瘍
  • 胸壁腫瘍
  • 膿胸
  • 炎症性肺疾患
  • 胸部外傷
  • 胸膜中皮腫等

胸腔鏡という内視鏡を使った手術をほとんどの症例で行います。傷が小さく、肋骨を切らないので、術後の痛みが少なく、早期の退院が可能です。気胸では術後2-3日、肺がんの手術では術後4-5日で退院となります。

トピックス

単孔式胸腔鏡下手術

単孔式胸腔鏡下手術(写真)を肺がんにも導入し、痛みが著明に減少しました。新病院からロボット支援手術(da Vinci)を開始します。

スタッフ紹介

  • 阪本 俊彦

    さかもと としひこ

    阪本 俊彦

    診療科長・栄養管理部長・呼吸器センター長

    【専門領域】

    肺癌・気胸

    【学会専門医・認定医・その他】

    日本外科学会専門医・指導医 日本呼吸器外科学会専門医・指導医・評議員 日本胸部外科学会正会員・指導医・評議員 兵庫医科大学臨床教育教授 神戸大学医学部臨床教授

  • 松本 高典

    まつもと たかのり

    松本 高典

    【専門領域】

    肺癌・縦隔腫瘍

    【学会専門医・認定医・その他】

    日本外科学会専門医

 病診連携を大切にし、専門的な医療と総合的な診療を相互に切れ目なく行っていきますので、「はり姫」呼吸器外科をどうぞよろしくお願いいたします。また、気胸症例に24時間迅速に対応ますので、気胸ホットラインの活用をお願いします。

調べる

TOP

調べる