小児外科

小児外科

診療科の概要

小児外科は、新生児から成人までの手術治療が必要な疾患を扱う診療科です。患者さんの対象年齢は新生児から成人まで幅広く、また対象とする臓器も消化器・呼吸器・泌尿器・生殖器、整形外科や耳鼻科領域・体表・腫瘍と多岐にわたりこどもの診断治療を行います。加えて、治療方針に関する相談や他院で手術を行った後のフォローアップも行います。

また、こどもの外科系も含めた治療でどの診療科に相談すればよいか迷われる場合も、当科にご相談していただくことで適切な診療科や施設を判断し、スムーズに診療を進められるようお役に立ちたいと思います。

「はり姫」では、小児外科の豊富な臨床経験を積んだ専門医が診療を担当します。

こどもに手術を行うことは、患児本人にもご家族にとっても、さらには地域の皆様や教育現場の方々にとっても大変ご心配の多い出来事です。ひとつひとつ、外科診療はもちろん、こどもの生活や成長を取り巻くことがらに総合的に配慮した小児外科医療を受けていただき、こどもの地域医療に安心感が生まれるよう、より心ある医療を実現したいと思っています。

主要対象疾患

  • 小児外科疾患一般
     鼠径ヘルニア、臍ヘルニア、停留精巣、
     排便異常(便秘・下痢)、肛門疾患(痔核、痔瘻)
     頸部疾患、体表腫瘤、
     炎症性腸疾患、胆石症、総胆管結石、胆道拡張症、膵炎など 
  • 小児期から成人期への移行期医療
  • 重症心身障碍児者の診療

トピックス

連携の強化

播磨姫路医療圏域を中心とした県内施設の小児外科専門医と連携・協力し合い、患児・家族にとって安心できる優しい医療を提供したいと思います。また、複数の専門診療科と連携して、地域のニーズに合わせ、こどもに必要な専門医療を提供する体制を整えます。

スタッフ紹介

  • 尾藤 祐子

    尾藤 祐子

    診療科長

地域医療機関の先生方へ

小児外科では、一つの病院だけでなく、複数の施設による地域での医療・福祉・教育現場との連携を大切にして、どの地域でも患児・家族が適切で優しい小児外科治療を安心して受けられるようにすることが大切だと思います。播磨姫路圏域の先生方のニーズに合わせて成長していく診療科となれるよう心がけ、努力したいと思います。今後とも、ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。