糖尿病・内分泌内科

糖尿病・内分泌内科

診療科の概要

糖尿病専門医や内分泌専門医が複数名常在しており、1日3診体制で外来を行っていきます。初診患者さんも、平日は毎日対応させて頂きます。糖尿病ケトアシドーシスや高浸透圧高血糖症候群などの緊急症も、お電話いただければ対応可能です。

糖尿病は症状なく進行し、合併症でQOLを低下させ、生命維持にも関わる疾患です。当院では、心筋梗塞や脳梗塞、足壊疽などを契機に、当科が関わることが多いですが、合併症予防が最も重要な段階と考えています。
糖尿病を正しく知っていただく教育が非常に大事な要素となりますが、教育入院も引き続き行っていき、糖尿病合併症で苦しむことのない地域づくりを目指したいと考えています。内分泌疾患や、現代病ともいえる肥満症に対しても、チームで取り組む予定です。

主要対象疾患

  • 糖尿病(1型、2型、その他の原因))
  • 妊娠糖尿病、糖尿病合併妊娠
  • 甲状腺疾患
  • 下垂体疾患
  • 副腎疾患
  • 副甲状腺疾患

血糖モニター(フリースタイルリブレ、Dexcom)、インスリンポンプ及びSAP( Sensor Augmented Pump ) 療法、人工膵臓を用いた周術期血糖管理、血管内皮機能検査、各種ホルモン負荷試験なども行っています。

トピックス

<SAP療法>

持続血糖モニター搭載インスリンポンプ(SAP)療法に、低血糖時に基礎インスリンが自動で注入を停止する新たな機能が加わり、低血糖のリスク軽減やQOL改善に繋がっています。

スタッフ紹介

  • 橋本 尚子

    橋本 尚子

    診療科長

地域医療機関の先生方へ

どれだけデバイスが進歩しても、患者さんの病識と治療意欲がなければ糖尿病治療は成り立ちません。

当科では、インスリン分泌能や抵抗性を評価し「病態把握」を行い、合併症や社会背景を考慮して一人一人に応じた「適切な治療」を提供し、また教育入院や教室などを通じて療養の意義を患者自身に勉強していただく「患者指導」を柱に、糖尿病診療を進めております。入院できない患者さんのために6か月コースの外来教育プログラムを行っています。
患者さんをご紹介いただければ嬉しく思います。