腎臓内科

腎臓内科

診療科の概要

腎疾患の診断・治療から透析の導入、透析合併症の治療など幅広く腎疾患に対応しています。 腎疾患は早期発見、早期治療が重要です。血液尿検査異常を認めましたら、是非ご紹介ください。腎生検による腎炎・ネフローゼ症候群の診断や治療を的確に行うことで完治を目指し、腎機能の悪化を抑制いたします。末期腎不全まで進行すれば、透析療法選択を行います。血液透析・腹膜透析・腎移植から個々に応じて選択していただきます。超高齢者や通院困難な患者さんには腹膜透析に向いているケースが多々あります。是非ご相談ください。

主要対象疾患

  • 血尿・蛋白尿のスクリーニング(学校検尿や検診後の検査)
  • 腎炎・ネフローゼ症候群
  • 糖尿病や膠原病などによる二次性腎疾患
  • 高血圧、高尿酸血症、高脂血症、肥満など慢性腎臓病の危険因子の治療、食事療法
  • 血液透析・腹膜透析の導入
  • 透析合併症の治療(二次性副甲状腺機能亢進症、腎性貧血)
  • 多発性嚢胞腎の薬物治療(トルバプタン)

トピックス

HIF-PH阻害薬

2019年のノーベル生理学・医学賞の研究が元で、腎性貧血の治療薬としてHIF-PH阻害薬が登場しました。
従来のESA製剤は皮下注射でしたが、経口薬であるため患者さんの抵抗感もなく、治療対象が広がりました。病院で導入前のスクリーニング検査を行い、診療所で処方いただきます。

Press release: The Nobel Prize in Physiology or Medicine 2019より

スタッフ紹介

  • 中西 昌平

    中西 昌平

    診療科長

地域医療機関の先生方へ

腎臓内科は新たなメンバーが加わり、質量共に充実した医療を提供させていただきます。

月曜から金曜までの地域紹介枠に加え、木曜午後に腹膜透析外来を行います。

腎疾患は長期にわたる医療が必要です。病診連携により継続的に携わっていきたいと考えております。