当院の取り組み(特長)

当院の取り組み(特長)病院のご紹介

当院の取り組み(特長)

「はり姫」は循環器・脳血管疾患や多発外傷を中心とした救命救急医療を行うとともに、総合的な診療機能を活かし高度専門・急性期医療を担います。
診療に当たっては、各領域の専門医と救急科や総合内科、腫瘍内科等の横断的な専門医が協力して診療を行っています。
また、救命救急、集中治療、カテーテル・手術等の部門を効率的に配置し、質の高い治療を行うほか、高機能の放射線治療装置や手術支援ロボット等の新しい医療技術により患者さんの負担が少ない低侵襲治療に積極的に取り組んでいます。
心臓リハビリ、外来化学療法や緩和ケア等のきめ細やかな治療とケアを提供しています。

高度専門・急性期医療

循環器・脳血管疾患や多発外傷を中心とした救命救急医療を行うとともに、総合的な診療機能を活かし高度専門・急性期医療を担います。診療に当たっては、各領域の専門医と救急や総合内科、腫瘍内科等の横断的な専門医が協力して診療をおこないます。
また、救命救急、集中治療、カテーテル・手術等の部門を効率的に配置し、質の高い治療を行うほか、高機能の放射線治療装置や手術支援ロボット等の新しい医療技術により患者さんの負担が少ない低侵襲治療に積極的に取り組みます。
心臓リハビリテーション、外来化学療法や緩和ケア等のきめ細やかな治療とケアを提供いたします。

高度専門・急性期医療

難治性疾患への対応

特発性拡張型心筋症や潰瘍性大腸炎など、厚生労働省の指定難病の治療にも積極的に取り組みます。治療が困難な病にもスタッフ一同「和」と「愛」をもって患者さんとともに立ち向かいます。

多様で難度の高い手術の実施

手術室は16室あり、そのうち2室は手術と同時に画像検査が可能なハイブリッド手術室(ハイブリッドアンギオ、ハイブリッドCT)です。また、血管造影室は5室あり、緊急PCIや脳血管内血栓除去にも対応しています。将来的な医療技術の革新に対応するべく継続的に手術機能の拡充に努めます。

質の高い治療の実践

3D映像を見ながらロボットアームを活用して手術を行う手術用ロボット「ダ・ヴィンチ」のほか、汎用ナビゲーションシステムによる高精度手術や、超音波内視鏡によるがんの早期発見や内視鏡を活用したがん組織の切除など、質の高い治療に取り組みます。

低侵襲治療の促進

体にやさしいがん治療として、IMRT(強度変調放射線治療)を可能とする放射線治療装置を使用し放射線治療に取り組むほか、開胸せずに大動脈弁を置き換えるTAVIの実施や僧帽弁閉鎖不全に対するカテーテル治療のMitraClip、ハイブリッドCTとナビゲーションを用いた低侵襲手術(脳、脊椎・骨盤等)、手術用ロボットを併用する腹腔鏡手術・胸腔鏡手術、種々の内視鏡手術や処置にも積極的に取り組みます。

救急医療

「はり姫」病院棟1階の救命救急センターは最新鋭のハイブリッドERを有する救急初療室とE-ICU・CCU20床、救急病棟24床からなり、そこでは100名を超える専従スタッフが活動しています。
兵庫県ドクターヘリ準基地病院としてドクターヘリを運用し、ドクターカーも用いてより早期の医療介入を行い、救急初期診療、集中治療と続く切れ目のない診療により重症患者さんの救命率の向上と社会復帰を目指します。
約80万人の人口を有する播磨姫路医療圏域における重症救急診療の最後の砦として住民の命を守ります。

救急医療

時間と闘い命を守る

救急初療室には、日本で17施設目(県内では兵庫県災害医療センターに次いで2施設目)となるアンギオとCT機能を備えたハイブリッドER室を整備し、救急患者さんの検査から治療への時間短縮により救命率の向上を図ります。

姫路市消防局との連携 (救急ワークステーション)

姫路市消防局の救急救命士が「はり姫」に常駐し、救急対応のほか、人材育成や救急隊と医療スタッフの連携を通して、質の高い救急医療を提供します。

病院前救急診療の推進

ドクターヘリが離発着する屋上ヘリポートは救命救急センターへの直通エレベーターを備えており、ドクターカーの運用も合わせ、いち早く重症患者さんのもとへ駆けつけます。

災害時の診療機能の維持

災害拠点病院の指定を受けており、DMAT隊を保有し災害医療にも積極的に取り組みます。また、病院棟を免震構造により整備したほか浸水対策も施され、災害時の医療提供体制を確保しています。

医療人材育成・臨床研究

臨床研修センターを中心に、医学部を卒業後の初期研修を行う基幹型の研修プログラムと各領域の専門医研修を行う専門医養成プログラムを運用し、若手医師を研修医から専門医になるまで指導しています。
さらに教育研修棟の兵庫県立大学先端医療工学研究所、獨協学園姫路医療系高等教育・研究機構や、神戸大学とも連携して、より良い医療を目指した臨床研究や新しい医療機器の開発を推進しています。
質の高い診療・教育・研究によって、将来の活躍が期待される医師・医療従事者が集まるリーディングホスピタルを目指しています。

医療人材育成・臨床研究

播磨姫路圏域の医療人材の育成

医療人材の育成の拠点となる教育研修棟では、高等教育機関との連携による医療人材の育成に取り組みます。人材の育成により播磨姫路医療圏域における医師確保に貢献します。

若手医師に魅力ある研修を提供

積極的に研修医を受け入れ医師育成に取り組みます。医療機能の充実により若手医師にとって魅力のある研修環境を準備し、地域医療を担う医師の養成に加えて専門医養成プログラムも充実させて、スペシャリストの養成も図ります。

高機能シミュレータの活用

各種シミュレータを整備し、各職種の実習生の研修環境を整えています。姫路市の協力により獨協学園姫路医療系高等教育・研究機構 地域医療研修研究センターに整備された消化器内視鏡シミュレータ、関節鏡シミュレータを用いて「はり姫」並びに播磨姫路医療圏域の若手医師の技能向上を支援します。

臨床研究・治験の推進

最大規模の県立病院としての豊富な症例や、神戸大学との連携体制の強化により、臨床研究・治験に積極的に取り組みます。また、獨協学園姫路医療系高等教育・研究機構、兵庫県立大学先端医療工学研究所など関係機関と連携し、教育機能を付加した新たなシミュレータなど医療機器の開発にも参画します。

調べる

TOP

調べる