形成外科

形成外科

診療科の概要

当科は頭蓋顎顔面領域の外傷・先天性疾患や、マイクロサージャリーを用いた各種再建外科・手外傷の治療を得意としています。外傷には救急科や整形外科とのシームレスな協力体制のもと対応します。外傷の新鮮期だけでなく、顔面骨骨折の変形治癒や腱損傷後の腱癒着などに対しても治療を行います。乳がん術後の乳房再建は、人工乳房、自家組織のいずれの方法での再建も可能です。自家組織で再建する際には、腹直筋のような重要な組織を温存し患者さんのQOLが悪化しないように努めます。その他、顔面神経麻痺やリンパ浮腫に対しても専門外来を設置し、患者さんに専門性の高い診療を行うように努めます。

当科の小川は、静岡県立こども病院、淀川キリスト教病院、フランスのネッカー小児病院での勤務・研修歴があり、口唇口蓋裂のような小児先天性疾患の治療にも対応します。

主要対象疾患

  • 顔面骨骨折、顔面軟部組織損傷
  • 顔面変形治癒骨折に対する修正術※:頬部の変形に対する頬骨骨切り、眼周囲の変形に対する眼窩骨切り・骨軟骨移植、斜鼻・鞍鼻に対する鼻骨骨切り、鼻軟骨形成など
  • 手外傷:腱損傷、神経損傷、血管損傷、手指切断
  • 再建外科:乳がん切除後の再建※、頭頸部がん切除後の再建(膝、股)
  • 顔面神経麻痺※:神経移行、神経移植、遊離筋移植、選択的神経筋切除などの手術治療
  • 糖尿病性足潰瘍、褥瘡などの難治性創傷
  • 小児先天性疾患※(口唇口蓋裂、頭蓋縫合早期癒合症、多指症、合指症、先天性眼瞼下垂など)
  • リンパ浮腫※リンパ管静脈吻合術、血管柄付きリンパ節移植術
  • 眼瞼疾患※眼瞼下垂、眼瞼内反症に対する手術治療

※専門外来による診療を行います

トピックス

3Dプリンターの活用

頭蓋顎顔面領域の疾患の治療計画をたてる際手術手技の向上や手術時間の短縮のため、院内で作成した3Dモデルを利用します。

(写真:株式会社メディカルユーアンドエイ提供)

赤ちゃんの頭の形外来

変形性斜頭・短頭といった、赤ちゃんの頭の形の変形について、指導やヘルメットによる矯正治療を行います。

(写真:株式会社メディカルユーアンドエイ提供)

スタッフ紹介

  • 小川 晴生

    小川 晴生

    診療科長

地域医療機関の先生方へ

兵庫県立姫路循環器病センターと製鉄記念病院の2病院の形成外科が合併し、「はり姫」形成外科となります。これまでの地域の医療機関の先生方との関係を引き継ぎ診療にあたらせて頂きますので、安心して患者様をご紹介下さい。また、神戸大学医学部附属病院形成外科の最大の関連施設として、高い志を持ちつつ、地に足のついた診療を行なっていきます。今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。