リウマチセンター

リウマチセンター診療科・部門・センター

センターのご紹介

統合前、製鉄記念広畑病院では整形外科の中にリウマチ科が存在し、関節リウマチの診断や薬物治療、手術治療を行っていましたが、姫路循環器病センターにはリウマチ科がありませんでした。統合し、はりま姫路総合医療センターとなって、リウマチ膠原病内科が新設されました。現在、手術を目的としない関節リウマチや他の膠原病の他院からの紹介は主にリウマチ膠原病内科で診察しておりますが、整形外科外来においても、手術を目的とした他院からの紹介や統合前からの関節リウマチ患者さんの診察は継続しています。

関節リウマチはMTXや生物学的製剤、JAK阻害薬を中心とした内科的な薬物治療が主体ではありますが、関節の変形や破壊に対しては整形外科的な手術治療が必要となる場合も多いです。リウマチセンターでは2名のリウマチ内科医と2名のリウマチ整形外科医が緊密に連携し、様々な合併症に対しては他科とも連携しながら診断治療にあたっていきます。

対象疾患

  1. 関節リウマチ
  2. リウマチ性多発筋痛症、成人スチル病、RS3PE症候群
  3. 脊椎関節炎(強直性脊椎炎、乾癬性関節炎など)
  4. 膠原病(全身性エリテマトーデス、多発性筋炎・皮膚筋炎、シェーグレン症候群、全身性強皮症、混合性結合組織病など)

取り組み

    • 定期的にカンファレンスを行い、患者さんの診断や治療方針の共有化を図っています。
    • 将来的にはリウマチセンター外来の開設を検討中です。

      スタッフ紹介

      • 宮 秀俊(センター長 整形外科 日本リウマチ財団登録医)
      • 山本 譲(副センター長 膠原病リウマチ内科 日本リウマチ学会専門医・指導医)
      • 圓尾 明弘(整形外科 整形形成外傷センター長)
      • 藤川 良一(膠原病リウマチ内科 日本リウマチ学会専門医・指導医)

      調べる

      TOP

      調べる