心臓血管外科

心臓血管外科

診療科の概要

心臓と血管(動脈と静脈)に関連する疾患の外科治療を行う診療科です。循環器内科と密な連携をとり、外科治療あるいは内科的治療の双方のメリットとデメリットを考慮し治療(ハートチーム)します。また、心臓手術では人工心肺を用いない方法での冠動脈バイパス術や胸部ステントグラフト内挿術、大動脈弁/僧帽弁の弁形成(MICS、自己弁温存術式)を積極的に行ない、安全かつ低侵襲な手術を心がけます。片や、超重症症例も手掛けており、幅広く対応します。

主要対象疾患

  • 冠動脈疾患(狭心症、心筋梗塞、心室中隔穿孔、心破裂、乳頭筋断裂等)
    冠動脈バイパス術(CABG、On-pump beating CABG, OPCAB、MIDCAB)VSR閉鎖、心破裂修復等
  • 弁膜症 (大動脈弁狭窄/逆流、僧帽弁狭窄/逆流、三尖弁逆流 等)
    弁形成(MVP、AVP等)、弁置換(AVR、MVR)、MICS(低侵襲心臓)手術
  • 大血管 (胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤、急性大動脈解離、慢性大動脈解離)
    弓部大動脈置換、腹部大動脈置換、自己弁温存基部置換術、TEVAR、EVAR等
  • 先天性心疾患(成人)
    成人期になった先天性心疾患手術
  • 末梢血管 閉塞性動脈硬化症(ASO)、末梢動脈瘤
    内膜摘除、下肢動脈バイパス術、Hybrid 手術(血管内治療+外科手術)
  • 上記領域を重複する疾患群
    複合手術(当院の得意とするところ)、通常+低侵襲手術の組み合わせも多々
  • 再手術症例
    難易度が高い複数回目の手術の経験数が高く、ノウハウを有しています。
  • 低侵襲手術
    TAVI(カテーテル的大動脈弁留置)、TAVinSAV(人工弁置換後カテーテル的弁留置)、Hybrid TEVAR等 最新の治療も提供しています。

トピックス

低侵襲心臓手術

右胸の小切開による
低侵襲心臓手術(MICS)

Debranching TEVAR

胸部大動脈瘤に対する
debranching TEVAR

スタッフ紹介

  • 村上 博久

    むらかみ ひろひさ

    村上 博久

    診療科長・ 部長(手術調整担当)

    【専門領域】

    心臓血管外科 ・血管外科

    【学会専門医・認定医・その他】

    日本心臓血管外科学会 専門医・修練指導医 日本外科学会 専門医・指導医 日本脈管学会専門医 日本血管外科学会評議員 神戸大学客員准教授 神戸大学医学部臨床教授

  • 田中 裕史

    たなか ひろし

    田中 裕史

    【専門領域】

    心臓血管外科 ・血管外科

    【学会専門医・認定医・その他】

    日本心臓血管外科学会専門医・修練指導医

  • 野村 佳克

    のむら よしかつ

    野村 佳克

    【専門領域】

    心臓血管外科 ・血管外科

    【学会専門医・認定医・その他】

    日本心臓血管外科学会専門医・修練指導医 日本外科学会専門医・指導医 日本脈管学会専門医・指導医・評議員 胸部・腹部ステントグラフト指導医 経カテーテル的大動脈弁置換術指導医 臨床研修指導医 血管内治療認定医

  • 坂本 敏仁

    さかもと としひと

    坂本 敏仁

    【専門領域】

    心臓血管外科・血管外科

    【学会専門医・認定医・その他】

    日本外科学会外科専門医 日本心臓血管外科学会専門医 下肢静脈瘤血管内治療実施医 臨床研修指導医

  • 藤末 淳

    ふじすえ じゅん

    藤末 淳

    【専門領域】

    心臓血管外科 ・血管外科

  • 殿城 秀斗

    とのき しゅうと

    殿城 秀斗

    専攻医

    【専門領域】

    心臓血管外科 ・血管外科

  • 岡田 翼

    おかだ たすく

    岡田 翼

    専攻医

    【専門領域】

    心臓血管外科 ・血管外科

  • 安森 研

    やすもり けん

    安森 研

    専攻医

    【専門領域】

    心臓血管外科 ・血管外科

地域医療機関の先生方へ

「はり姫」 心臓血管外科では、兵庫県立姫路循環器病センターの医師が継続して診療、治療を行います。以前と同様に患者さん情報も保持しますので、患者照会を含めた紹介等歓迎いたします。

循環器領域疾患は、高齢化、生活習慣病がベースとなり、包括的な治療を必要とします。このため地域医療機関の先生方との連携または分業が不可欠です。 “もう年だから“と紹介をためらわれている循環器疾患、大動脈疾患の患者さんの紹介をお待ちしておりますので、気軽にお声かけください。よろしくお願いいたします。

調べる

TOP

調べる