院長あいさつ

院長あいさつ病院紹介

院長あいさつ

「兵庫県立はりま姫路総合医療センター」愛称「はり姫」はより良い医療を目指して、4つの仕事を行います。4つの仕事とは高度専門医療、救命救急医療、医療人材育成、そして医療を少しでも良くしていくことをめざした臨床研究です。この4つの仕事を地域の方々と一緒に実施していきたいと思います。

兵庫県立はりま姫路総合医療センターでは、高度専門医療を行うために高いレベルの設備をもち、多数の専門医が仕事をしておりますが、診療の現場では患者さんに寄り添った全人的、総合的医療を行います。また、医療の専門家として仕事をしながら、職員全員で全人的医療が行える未来の医療人材を育てていきます。育った医師をはじめとする医療従事者が広く地域で活躍する支援もします。

高度専門医療を行っても、残念ながらすべての方の病気を治すことはできません。そこで、兵庫県立はりま姫路総合医療センターの職員は、神戸大学、兵庫県立大学、獨協学園の先生方と一緒に医療を改善し、治らない病気を治る病気にしていくための臨床研究を積極的に行います。

地域の皆さんには兵庫県立はりま姫路総合医療センターを上手にご利用いただくとともに、センターで行っている医療人材の育成や臨床研究についてもご理解いただきたいと思っております。地域の皆さんとともにより良い病院を作っていきたいと思います。ご支援をお願いします。

兵庫県立はりま姫路総合医療センター

院長 木下 芳一

調べる

TOP

調べる