放射線診断・IVR科

放射線診断・IVR科

診療科の概要

放射線画像診断ならびにIVRの診療を行っています。PET-CT装置dual energy CTなど最新の画像診断機器を導入しており、ますます複雑化、多様化する画像診断に迅速に対応できるよう日々努力しています。IVR装置は今後、バイプレーンのFPDを搭載したIVR-CTに更新する予定になっており、さらに高度なIVRが可能になると期待しています。

治療方針

低侵襲なIVRではありますが、稀に重大な合併症を来す恐れのある治療でもあります。薬物治療や外科的治療についても十分説明し、患者さんとご家族の方に十分に納得して頂いた上で治療に当たるよう心がけております。
下肢閉塞性動脈硬化症におけるステント治療においては、腸骨動脈や浅大腿動脈閉塞病変を有する患者さんに最適な治療を提供できるよう、術前に閉塞血管のMRI検査を行い、術中の遠位塞栓などの合併症が発生するりすくがあるかどうかを予測し、よりリスクの低い治療が行えるようにしています。また、上腸間膜動脈の動脈硬化性狭窄による腹部アンギナが疑われる症例で、経口栄養剤負荷MRIを行いステント治療によって症状が改善するかどうかを予測する研究を行っています。

主要対象疾患

  • 下肢閉塞性動脈硬化症するPTA/ステント留置術
  • 上腸間膜動脈塞栓症に対する血栓吸引療法
  • ステントグラフト後のエンドリーク塞栓
  • 術後乳び胸/腹水に対するリンパ管造影治療
  • 各出血性疾患に対するNBCAを用いた塞栓術
  • 肝細胞癌に対するTACE/動注リザーバ留置術
  • 腎血管性高血圧症に対するステント留置
  • 上腸間膜動脈狭窄に対するステント留置
  • 内臓動脈瘤の塞栓術
  • 肺動静脈瘻の塞栓術
  • 透析シャント不全のPTA
    その他種々のIVR治療


トピックス

IVR治療の最先端施設に

専門治療は下肢閉塞性動脈硬化症に対するIVRが主になりますがが、種々のIVR治療に対する豊富な知識と高い技術を有しています。特に正規医師2名はいずれ日本IVR学会のIVR専門医資格を有しており、播磨姫路圏域においてIVR専門医が2名在籍している数少ない施設です。私たちは当科が兵庫県西部におけるIVRの最先端施設になることを目指しており近隣の病院からのIVR治療の依頼などに積極的に対応しています。

スタッフ紹介

  • 川﨑 竜太

    川﨑 竜太

    診療科長

地域医療機関の先生方へ

IVRは他の診療科の先生方と連携して治療を行うことも非常に多いです。特に心臓血管外科、救急科、消化器外科の先生方と蜜に連携し、ひとつの診療科では治療が困難な疾患をIVRの技術を用いて治療できるよう、体制を整えています。
さらにCTやMRIなどのデジタル画像診断においては地域連携の一環として各種画像検査の要請に応じており、検査終了し次第読影することで、患者さんの検査終了から画像ならびに所見の持ち帰りまでの待ち時間が最小限になるよう努力しております。