眼科

眼科

診療科の概要

一般的な眼科診療の他に、総合病院の眼科として他科と連携しながら、全身疾患に伴う眼科疾患の診断治療を行っています。神戸大学専門医と連携しながら、高度かつ幅広い診療が可能ですので、患者さんにとって最良の医療が提供できるよう心掛けます

手術は日帰り・入院、低濃度笑気ガス麻酔・全身麻酔による手術が可能です。多焦点眼内レンズも選択できます。患者満足度と精度の高い手術を目指します。

加齢性黄斑変性の治療では、抗VEGF療法および光線力学療法(PDT)を併用した、質の高い個別化医療を提供します。

主要対象疾患

  • 白内障・・・多焦点レンズ、手術難症例、眼内レンズ強膜内固定
  • 緑内障・・・点眼治療および手術(SLT,マイクロパルスレーザー、フックロトミー、レクトミー等)
  • 加齢黄斑変性・・・抗VEGF療法、光線力学療法(PDT)
  • 網膜剥離・黄斑上膜・黄斑円孔・硝子体出血・・・術中OCT付手術顕微鏡用いた硝子体手術
  • 糖尿病網膜症・・・広角眼底カメラを用いた診断、抗VEGF療法、レーザー加療、硝子体手術
  • 斜視弱視・・・経験豊富な視能訓練士による斜弱訓練、斜視手術
  • 涙道閉塞・・・涙道内視鏡を用いた涙管チューブ挿入、涙嚢鼻腔吻合術(鼻内法)
  • 角結膜疾患・・・角膜潰瘍・ドライアイ治療、翼状片手術、特殊コンタクトレンズ処方(円錐角膜)
  • ぶどう膜炎・・・診断・治療
  • 視神経疾患・・・診断・治療
  • 眼瞼・眼窩疾患・・・甲状腺眼症治療、ボトックス治療
  • ロービジョン

トピックス

SS-OCTを搭載し、 角膜頂点から網膜を 4つのセグメントに分け、 より精度の高い 眼軸長の計測が可能。 術後レフエラー±0.25を 目指します

白内障手術ガイダンスシステムを導入しました! (ARGOS R)+VERION R)+CENTURION R)リンク) ARGOS R)で撮影された前眼部画像から乱視が最少になるよう顕微鏡下に デジタルマーカーが投影され、より精度の高い白内障手術が可能になりました。

スタッフ紹介

  • 田邊 益美

    田邊 益美

    診療科長

地域医療機関の先生方へ

「はり姫」では最新の眼科検査機器が導入されます。

地域医療機関の先生方にぜひ共同利用していただきたく、FAX予約検査枠を開設しましたので、ご予約お待ちしております。
「患者さんの視機能を守る」ために、連携を密にしてまいりますので、 ご遠慮なく患者さんをご紹介いただきますよう、引続きお願い申し上げます。