リハビリテーション部

リハビリテーション部

診療科の概要

はり姫では、リハビリテーションを「患者さんとともに」行います。
そして、リハビリテーションスタッフは「あなたらしい暮らしの再構築」を全力でサポートします。

基本方針

  1. 最新の療法に基づく各疾患における急性期を中心としたリハビリテーション体制を確保します。
  2. 早期機能回復に有効な集中治療領域でのリハビリテーション機能を強化し、超急性期の患者の早期回復・社会復帰に寄与します。
  3. 地域医療機関に対し、リハビリテーション情報の提供を行い、地域連携の充実を図ります。

主要対象疾患

脳血管疾患、心大血管疾患、運動器疾患、呼吸器疾患などリハビリテーションを必要とするすべての疾患を対象とします。

施設基準

  • 脳血管疾患等リハビリテーション Ⅰ
  • 運動器リハビリテーション Ⅰ
  • 廃用症候群リハビリテーション Ⅰ
  • 心大血管リハビリテーション Ⅰ
  • 呼吸器リハビリテーション Ⅰ
  • がん患者リハビリテーション*
  • 早期離床・リハビリテーション
  • 摂食機能療法

*取得予定

理学療法(PT)

日常生活に必要な「寝て、起きて、立って、歩いて」などヒトが持っている基本的な動作能力の再獲得を目標に、評価および運動療法、日常生活動作練習を行います。

作業療法(OT)

日常生活に必要な「食事や整容、トイレ」など身の回りの動作を中心とした応用的な動作能力の再獲得を目標に、評価および運動療法、日常生活動作練習を行います。

言語聴覚療法(ST)

日常生活に必要な「話す、聞く」などコミュニケーション能力の再獲得を目標に、言語・高次脳機能の評価および練習を行います。
また、必要に応じて「食べる、飲み込む」など摂食・嚥下障害の評価および練習も行います。

スタッフ紹介

リハビリテーション専門医 2名
運動器専任医師 1名
心臓リハビリテーション専任医師 1名
理学療法士 27名
作業療法士 8名
言語聴覚士 6名

調べる

TOP

調べる