救急科

救急科

診療科の概要

「はり姫」の開院に伴い、兵庫県最大の医療圏域である播磨姫路圏域を支えてきた2つの救命救急センターが統合されます。2つの救命救急センターの実績から、「はり姫」では年間5,000件を超える診療件数となる見込みであり、「お断りのない救急」を目指して、医療機器など設備の充実や、スタッフの拡充も行い病院総員体制による診療を行います。

救急科では、主として重症の患者さんについて、初期診療~集中治療を行い、各科へ迅速で垣根のない橋渡しを行います。救急医療は時間との勝負です。救命のプロフェッショナルとして、病院前診療(ドクターヘリ・ドクターカー)の取り組みを充実させると共に、地域初のハイブリッドERシステムの活用などにより救急初期診療での時間短縮に努め、救命率の向上に努めます。

また、南海トラフなど来るべき災害に対応するべく、兵庫県立姫路循環器病センターの災害拠点病院としての実績も引継ぎ、DMAT活動など災害支援等にも積極的に取り組みます。

加えて、姫路市消防局との連携を強化し姫路消防救急ワークステーションを設置するなど、救急医療の機能強化のみならず、若手医療者や実習の救急救命士にとって、欠かせない教育・経験の場を提供します

主要対象疾患

  • 院外心肺停止
  • 重症疾病(心肺疾患、脳血管障害、急性腹症、敗血症、重症感染症など)
  • 外傷、熱傷
  • 環境傷害(熱中症、低体温症など)
  • その他、重篤な傷病

トピックス

ハイブリットERの導入

地域初のハイブリッドERを導入します。
CT+アンギオ+手術台を兼ねるスライディングテーブルと自走式MDCT、アンギオ装置、および補器類(モニター、エコー、人工呼吸器など)で構成され、患者さんがスライディングテーブルを離れることなく初期診療を完遂できます。

(写真提供:キャノンメディカルシステムズ(株))

スタッフ紹介

  • 高岡 諒

    高岡 諒

    診療科長

地域医療機関の先生方へ

地域の方々の命を守る最後の砦として、3次救急機能の充実に努めてまいります。しかし、そのためには地域の医療機関の先生方との役割分担並びに連携が不可欠です。専門科直通のホットラインと院内の連絡体制を整備し、スムースな応需を目指すほか、日々多様化する医療需要に的確に対応できるようスタッフ一同全力を尽くします。引き続きご支援・ご協力をお願いします。