整形外科

整形外科

診療科の概要

地域の整形外科の先生方からの要請を、我々が直接電話でお聞きする『外傷ほっとライン』を開設し、緊急手術や入院の必要な患者さんを受け入れています。

「はり姫」では、脊椎損傷や骨盤骨折、多発外傷(脳、胸部、腹部損傷合併)、重度四肢外傷、開放骨折などの重症外傷症例が救命救急センターに搬送され、救急科や各科との連携のもと治療にあたります。また、壊死性筋膜炎などの軟部組織感染症、骨折や人工関節の術後感染症も受け入れており、新たなCLAP療法(continuous local antibiotics perfusion)を駆使して治療しております。

膝関節外科も我々の専門分野です。膝関節脱臼等の重度外傷からスポーツ外傷での靱帯・半月損傷・膝蓋骨脱臼・軟骨損傷にまで対応します。また、人工膝関節置換術では、独自の術式により満足度の向上が得られ、さらに高度変形や再置換術にも対応します。

新たに脊椎外科専門医が赴任し、慢性疾患を含めて脊椎外科全般にも対応を開始します。

主要対象疾患

  • 変形性膝関節症、膝骨壊死: 関節鏡視下手術、HTO、UKA、TKA、PFJ
  • 膝スポーツ損傷: ACL再建術、MPFL再建術、半月手術
  • 変形性股関節症、大腿骨頭壊死症: 人工股関節置換術
  • 人工関節後緩み等: 人工関節再置換術(膝、股)
  • 大腿骨頚部骨折: 最少侵襲人工骨頭置換術、骨接合術
  • 骨折全般: 最少侵襲手術方法を適応
  • 骨盤骨折: 創外固定、観血的整復固定術、高齢者に対する最少侵襲骨接合術
  • 骨髄炎・軟部感染症: 持続抗生剤局所潅流療法(CLAP療法:iSAP&iMAP)
  • 脊椎外科: 外傷、椎間板ヘルニア、頚髄症、脊柱管狭窄症、すべり症、変性側彎、等

トピックス

CALP療法

骨髄炎や開放骨折等に専用の骨髄針で抗菌薬を局所に微量持続投与する方法です。

OFT Tensor

人工膝関節では、独自に開発した計測機器で関節のかたさを計測し、最適な関節の緩さを与えます。(iMAP)

スタッフ紹介

  • 村津 裕嗣

    村津 裕嗣

    診療科長

地域医療機関の先生方へ

「はり姫」整形外科では製鉄記念広畑病院の医師が引き続き診療を行います。広畑での診療情報も引継ぎます。また、脊椎外科専門医が診療を開始し、診療機能の拡充も行いますので、幅広く患者さんをご紹介いただきますよう、よろしくお願いします。

また重症外傷症例では転院加療が必要なケースが多く、地域医療機関の先生方との連携が不可欠と考えています。地域の救急医療維持の為、ご理解とご協力をお願いいたします。