泌尿器科

泌尿器科

診療科の概要

泌尿器科では腎臓がん・膀胱がんおよび前立腺癌などの悪性疾患をはじめとして、前立腺肥大症、尿路結石症および過活動膀胱などの尿路良性疾患に至るまで、地域基幹病院として、患者さんに最適な医療を提供できるよう心がけております。

特に、手術支援ロボットであるダ・ヴィンチシステムが導入されており、前立腺癌、腎臓癌および膀胱癌に対して、安全で、かつ低侵襲な手術が行えます。また、尿路結石に対しては、体外衝撃波結石破砕装置(ESWL)に加え、最新型のレーザー機器による内視鏡手術も行うことができ、確実な尿路結石治療が可能となっています。また、このレーザーは、前立腺肥大症手術も可能で、従来の手術方法に比し、より短時間で合併症の少ない前立腺核出術(HoLEP)が行えます。

主要対象疾患

  • 泌尿器科がん(腎臓がん、膀胱がん、前立腺がん)
  • 副腎腫瘍(アルドステロン症、クッシング症候群、褐色細胞腫、副腎がん)
  • 前立腺肥大症
  • 尿路結石
  • 尿路感染症(腎盂腎炎、前立腺炎、膀胱炎、精巣上体炎)
  • 性行為感染症(尿道炎)
  • 過活動膀胱、神経因性膀胱
  • 外傷(膀胱損傷、尿道損傷、腎損傷)
  • 尿道狭窄症

トピックス

3D フュージョン生検

前立腺癌の血液マーカーであるPSA値が高値である場合には、前立腺生検が必要となります。画像上、腫瘍が指摘されているにも関わらす、生検行っても診断がつかないことがあります。「はり姫」では、MRIの画像を生検の機器に同期させて、腫瘍部位をターゲットとした組織の採取ができます。もし、PSA高値の患者さんがいらっしゃる場合には、当科へのご紹介をお願いいたします。

(写真提供:(株)アムコ)

地域医療機関の先生方へ

泌尿器科では、新たな3名の医師での診療を行う予定です製鉄記念広畑病院での診療情報も引継ぎますので、ご安心して患者さんをご紹介いただければと思います。高齢者の大半は、何らかの泌尿器疾患を有しており、特に慢性的な排尿障害に対する管理には、地域医療機関の先生方との連携が不可欠と考えています。
今後も、高度な専門的治療だけでなく患者さんのQOL向上が提供できるよう施設として取り組んでまいりますので、幅広く患者さんをご紹介いただきますようよろしくお願いします。